ボイス3

韓国ドラ・ボイス3(10話~12話)のあらすじ感想【隠されていたカメラ】

人気シリーズ第3弾!! 前作ボイス2の続編となるストーリー

残されたわずかな音を聞き分けるボイスプロファイラーと敏腕刑事が事件解決のために奮闘!!

真木よう子&唐沢寿明主演で日本でもリメイク化の話題作☆

「ボイス3」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「ボイス3」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

ボイス3-前回までのあらすじと感想

ホンスに自身の秘密を知られてしまったガンウ。

ガンウはホンスに誰にも秘密を口外しないでほしいと頼むのだが…

ガンウは次第に自分の中で沸き起こる衝動をコントロールできなくなってなってしまい…

ゆきママ
ゆきママ
ガンウがなんとサイコパスであることが判明!!刑事の立場もあるし、これは知られたらマズイよね…

ボイス3-あらすじ10話

病院で立てこもり事件が発生する。
医師を人質にとった犯人は、失踪したコン・セミの婚約者であるチュ・ドングだと判明する。

捜査を進めていく中で、ドングがセミに暴力を振るっていた疑いが浮上する。

ゴールデンタイムチームにより、素早く人質は解放されたものの、命が脅かされている状況にもかかわらず、あまりにも冷静な医師ファン・ジョビョンをガンウは不思議に思うのだった。

その後、クォンジュとガンウは失踪したセミの捜索を始めるのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ガンウのめまいは何かの前触れ?!この先何が起こるんだろう…ちょっと怖いー(*_*;

ボイス3-あらすじ11話

殺人を犯していた無免許医師ノ・グヨルを検挙することができたゴールデンタイムチーム。
しかし、グヨルが暴れ出した瞬間、再びガンウは危険な衝動に襲われてしまう。

藤山コウイチの解剖結果を確認しに向かったクォンジュとガンウは、そこに殺害された画家ユキコの夫である金木教授と会うことになった。

妻を殺した犯人を必ず捕まえてほしいと頼む金木教授の姿に、ガンウは違和感を覚えるのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ここへきて最初に出てきた金木ユキコの夫が出てくるなんて…これは明らかに怪しいよね!!
 

ボイス3-あらすじ12話

殺害された画家ユキコの絵に小型のカメラが隠されていたことが判明する。

ギャラリーでユキコを担当していたナオミは金木教授にこのことを知らせるため、事件の重要な手がかりであるカメラを手に、韓国で開かれるユキコの展示会場を訪れることに。

しかし、金木教授の身にはある危険が迫っていた。

一方、監視カメラの映像を確認していたクォンジュたちは、帽子をかぶった怪しい男が映っていることに気づくのだが…

ゆきママ
ゆきママ
えー?!金木教授が犯人だと思ってたのに!真犯人は他にいるってこと?!

ボイス3-10話~12話の感想

金木教授が死んじゃったところは、かなり衝撃的だった…

もしかして犯人?!って思ったけど、結局殺されちゃったね(*_*;

そして、ガンウはついに刑事を辞める決心をしちゃったー!!

万が一、現場で衝動を抑えることができなくなったら、刑事としての立場とか、クォンジュたちも巻き込んでしまうかもしれないとか、色々と考えてしまったんだろうな…

でも、やっぱり事件解決にはガンウの力が不可欠だと思うんだけどなー!

次回はどんな展開になるのでしょう?!

ボイス3-全話一覧

ボイス3-あらすじ全話一覧はこちら