悪い愛

韓ドラ・悪い愛(22話~24話)あらすじ感想【真実から目を背けずに】

巨大な運命の渦の中で出会った男女
彼らはそれぞれ自分の運命と戦うことになる

運命の中で死闘を繰り広げる女性と無条件の愛と母性を描く物語

「悪い愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「悪い愛」(22話~24話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

悪い愛-前回までのあらすじと感想

ジェヒョクを訪ねていったファランは、そこで過去に因縁のあるダンシルと再会することに。
ダンシルはファランを見るやいなや掴みかかり、2人の関係はさらに険悪なものとなってしまう。

そんな中、ノーユーグループではデザイン流出問題が起こり、その犯人はソウォンだという投書が送られてくる。
事情を知ったジェヒョクはミニョクやテソクに会いに行き、ソウォンの身の潔白を訴えるのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ソウォンの潔白を証明することはできるのでしょうか?!ダンシルとファランの関係もなおさらややこしくなってしまいそう…
Sponsored Links

悪い愛-あらすじ22話

懲戒委員会が開かれ、ソウォンは必死に身の潔白を訴える。
まずはシン部長に事情を聞くこととなり、ソウォンは結果を待つことになる。

ダンシルはいてもたってもいられず、再びファランに助けを求めに行くことに。
しかし、ファランはダンシルに金を投げつけ追い返そうとするのだった。

その様子を目撃したソウォンは怒りを抑えきれず…

ゆきママ
ゆきママ
シン部長が自首してくれそうだったのにー!ヨンスは本当に腹立つ(# ゚Д゚)

悪い愛-あらすじ23話

ソウォンは会長に直談判しに向かうが話を聞いてはもらえず…
そこへシン部長を連れたジェヒョクが現れ、なんとかソウォンの潔白は証明された。

ソウォンから連絡をうけたダンシルはファランのもとを訪れ、二度とソウォンに手を出すなと警告する。

そんな中、ヨンスは自宅にミニョクを招き入れ、距離を縮めようとする。
しかし、ホジンから電話がかかってきたためミニョクは帰ってしまい、ヨンスは苛立つ気持ちを抑えらず…

ゆきママ
ゆきママ
記憶が止まったままで今でもヨンスを想い続けるホジンがかわいそう…(>_<)

 

悪い愛-あらすじ24話

ダンシルの話を聞いたソウォンは、自分たちの技術を盗んで製品を作った人物がいることに気づく。
今になって流通されることを不審に感じるソウォンたち。
調べた結果、ヨンスがフランスで働いていた会社で流通されていたことがわかり、ソウォンはヨンスに疑いを抱き始める。

一方、ファランはジェヒョクのもとを訪ね、ソウォンの家を出て海外支社でデザイナーとして働くよう説得を試みる。
しかし、ジェヒョクはウネの事故に再び向き合う決心をして…

ゆきママ
ゆきママ
5年も経っているからウネの件を調べるのはなかなか困難な状況かも…

悪い愛-22話~24話の感想

ジェヒョクがシン部長を捕まえてくれたおかげで、ソウォンは処分を免れることができてひとまず安心(*^-^*)

自分たちが開発した技術を使った製品が流通していると知ったソウォンはヨンスがその技術を流出させたのではないかと疑うように!
ホジンが検察ということで色々情報は得られるみたいだけど、そのホジンの弱点がヨンスなんだなぁ…(;’∀’)

一方で、ジェヒョクは辛くて忘れようとしていたウネの件をもう一度調べることを決意!
でも、テソクもファランも先に手を回してくるだろうし、真相にたどり着くまで遠い道のりになりそう…

悪い愛-全話一覧