09
「宮廷女官チャングムの誓い」で注目を浴びた、パク・ウネが1年ぶりのドラマ復帰作!

敵対視していた二人が恋に落ちる!?
濡れ衣を着せられ殺人犯にされた女性が、偽りの世界に立ち向かう復讐ストーリー!

「甘い敵(青の食堂~愛と輝きのレシピ~)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「甘い敵(青の食堂)」(64話~66話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

甘い敵(青の食堂)の相関図・キャスト情報はこちら

★甘い敵(青の食堂)-あらすじ64話

ダル二ムが開発した新製品の発売が中断される。
再び食堂に戻ったダル二ム。

 

新製品中断の為、ソノも会社での立場が危うくなる。

 

一方、ダル二ムは、レシピ流出の真相を掴むため、ライバル会社の担当者に会いに行く。
そこで、セナとイランが関与していたことが発覚。

 

しかし、明確な証拠はなく、セナはずっとしらばっくれる。
そんなセナに激怒したダル二ムは…。

★甘い敵(青の食堂)-あらすじ65話

ダル二ムは、一人で潔白を訴え続ける。
しかし、ライバル会社から逆にレシピを盗んだと泥棒扱いをされる。

 

ソノとジェウクは、ダル二ムの潔白を主張する。

 

一方、理事会ではソノの人事問題が議論される。
イランは、自分が所有する自社株の半分をセナに譲ることに。

 

その報告書を見たソノは、不信感を抱く。
イランとセナが共謀して、レシピを流出したのではと…。

 

★甘い敵(青の食堂)-あらすじ66話

がん手術をしたソン社長が、ようやく目を覚ます。
知らせを聞いたソノは、急いで病院に駆け付ける。

 

ダル二ムは、ソン社長の証言で、レシピ泥棒の濡れ衣が晴れる。
しかし、チャ会長が圧力をかけ、レシピ流出事件を隠蔽する。

 

一方、セナは、ソノとの結婚を焦っていた。
そんな中、ダル二ムはジェウクの協力を借りて、セナの正体を暴こうとする。

 

イランの誕生日会に参加したダル二ムは…。

★甘い敵(青の食堂)-64話~66話の感想

見てるこっちまで悔しいわ(>_<)
被害者なのに、さらに泥棒呼ばわれまでされてあり得ない!!

 

一人必死て潔白を訴えるダニエルに共感した。
こんなんで負けないで。

 

最後までシラを切るセナにイラついちゃった。
結婚が破談になっちゃえばいいのにな…。

★甘い敵(青の食堂)-次回のあらすじ

ジェヒの同級生を通して、セナの真実を突き止めとようとしたダル二ム。
しかし、イランから侮辱され追い出される事態に…

甘い敵(青の食堂)のあらすじ(67話~69話)はこちら

甘い敵(青の食堂)-全話一覧

甘い敵(青の食堂)-あらすじ全話一覧はこちら