日本で大ヒットした「冬のソナタ」を超えた圧倒の作品!

最高視聴率52.67%を記録した国民的ドラマ!
スケール壮大の歴史エンターテイメント♪

「朱蒙(チュモン)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「朱蒙(チュモン)」(52話~54話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

朱蒙(チュモン)の相関図・キャスト情報はこちら

★朱蒙(チュモン)-あらすじ52話

突然、プヨの空で日食が起こる。
ヨミウルはこの現象を古い国が滅んで新しい国ができる兆しだと、興奮気味にチュモンへ話す。

 

ヨミウルの話を聞きチュモンは、タムル軍と陣営内の流民たちを落ち着かせる。
一方、プヨ宮殿内では混乱が起きていた。

 

また、プヨの民も不吉な兆しに違いないと慌て出したため、プヨはパニックに陥る。
クムワはこの現況を前に、フクチの言葉を思い返し、テソから権力を取り戻すことを本気で考え始める。

 

その頃、チョルボンではソソノがチュモンと接触したことでソンヤンが激怒し…
ウテが投獄されてしまう。

ウテの父ケピルはこの状況に落胆するが、ヨンタバルは堪え凌ぐように何度も言い聞かせる。

 

任務を終えたオイは、ムゴルを弟分にしてタムル軍の砦へ戻る。
漢から圧力を受けているテソが、プヨ軍を率いてポンゲ山へ進行しそうだとチュモンへ知らせる。

 

マウリョンから、今回の日食は吉兆の証しだという嘘を信じて機嫌を直すテソ。
しかし、町では横暴を続けるテソこそが、災いの元凶だという噂が瞬く間に広がっていた。

 

この噂に激怒したテソは、噂を流布した民を捕まえてプヨ宮殿の前で次々と斬り殺す。
テソの残虐行為を。これ以上見ていられないフクチは、プドゥクプルに謀反を呼びかけた。

 

想像を超えるテソの行動に、プドゥクプルはこれまでの考えを一転させ、クムワに謁見し再び権力を取り戻すことに尽力すると申し出る。

 

ようやく決心したクムワは、テソを失脚させる計画をチュモンへ伝えるため、フクチに使者としてポンゲ山へ向かうよう命じる。

★朱蒙(チュモン)-あらすじ53話

フクチはクムワの命を受け、ポンゲ山にいるタムル軍の砦に向かう。
チュモンと面会したフクチは、サチュルトに侵攻することを伝える。

 

するとチュモンはプヨが漢軍に攻められたときは、タムル軍が漢軍の行く手を阻むと約束する。

 

しかし、ヨミウルはクムワの復権自体は望ましいことだが、このことが将来的にはチュモンの障害になるかもしれないと懸念するのだった。

 

その頃、プヨ宮殿ではプドゥクプルの支持によりクムワの謀反が成功する。
クムワは王妃とテソを軟禁し、謀反に気づいたヨンポは慌てて宮殿の外へ脱出する。

 

クムワが復権を果たした一報は、タムル軍とソソノたちの元にも伝わる。
そして、早速ソソノはクムワに謁見しようとプヨへ向かおうとする。

 

その頃、ヤンタクとヨンチェリョンは、ソンヤンが呼びかけた君長会合へ出席しようとする。
しかし、母の自分勝手なやり方に、尻込みするヨンチェリョンの息子チャンス。

 

悩んだ末に、ソソノとともに行動していくことを周囲へ主張する。

 

プドゥクプルの反対を押し切ってクムワは、チュモンをプヨ宮殿へ戻るよう命じる。
クムワの命を受けて、プヨへ戻ろうとするチュモン。

 

しかし、ヨミウルは「大将はもうプヨの王子ではなく、新しい国の王となられる方です」と進言し、クムワと別々の道を歩むよう勧める。

 

その後、プヨ宮殿を訪問したチュモンは、久々にユファとイェソヤに再会するが…。

 

★朱蒙(チュモン)-あらすじ54話

クムワから、プヨ宮殿へ帰るよう誘われたチュモンは、心を揺さぶられるが…
一度決めた信念は最後まで貫くとユファへ伝え、ユファ自身もチュモンの意見に賛同する。

 

その頃、フクチはプドゥクプルから内密に協力を受け、チュモンの命を奪う機会を伺っていた。
また、プドゥクプルは兵を送り、チュモンの精神的支柱だったヨミウルを拉致する。

 

その頃、ソソノとヨンタバルがクムワに謁見するためプヨ宮殿にやってくる。
しかし、プドゥクプルからしばらくの間待つように指示されてしまう。

 

仕方なく宿に戻ったソソノたちは、今やプヨ宮中の事実上の権力者は、プドゥクプルなのではないかと考える。

すると、兵を引き連れたソンヤンが宿へ乗り込み、2人はピリュへ連行されてしまう。

 

プヨへ帰るか、タムル軍を指揮するかで悩んでいたチュモン。
チュモンはついに決心し、プヨへは帰らずにタムル軍を率いて漢に立ち向かう。
いつの日か、自分たちの手で新国を創ることが夢だと、クムワに本心を告げる。

 

それを聞いたプドゥクプルは、予め用意していた策を決行してチュモンたちを追及して捕らえる。
身勝手なプドゥクプルの行動を諭すクムワ。

 

しかし、プドゥクプルはタムル軍の存在を許して漢を敵に回すとプヨの未来はないと進言し、チュモンを投獄してしまう。

★朱蒙(チュモン)-52話~54話の感想

まさか求心力を失っていた、クムワが復権するとは!
プドゥクプルがテソに見切りをつけたのも、意外だった。

 

クムワはテソやヤンソルランが漢の機嫌を取る姿勢じゃなかったら、立ち上がろうとしなかった気がする。
そういう意味では、漢に毅然と対峙しようとするチュモンとクムワは、考えが似ているよね?

 

プヨ王子の座を捨てて、タムル軍を率いる選択をしたチュモンが投獄されちゃったけど、どうやって窮地を脱するのかな?

 

拉致されたヨミウルのことも心配、どうか無事生き残れますように…。

★朱蒙(チュモン)-次回のあらすじ

プヨ宮殿の牢に、投獄されたチュモンたち。
監獄の中で大人しく様子を見ながら、脱出の機会を伺っていて…

朱蒙(チュモン)のあらすじ(55話~57話)はこちら

朱蒙(チュモン)-全話一覧

朱蒙(チュモン)-あらすじ全話一覧はこちら