ドクタープリズナー

韓ドラ・ドクタープリズナー(31話~32話最終回)のあらすじ感想【イジェとジェジュンの戦いはいかに⁉️】


1話目から大反響!ナムグンミンが初めてメディカルドラマに挑戦!

事件に巻き込まれた天才医師。
大学病院から刑務所の医療課長として生きていくことに。
緊張感溢れるメディカルサスペンスドラマ!

「ドクタープリズナー」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ドクタープリズナー」(31話~32話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ドクタープリズナーの相関図・キャスト情報はこちら

ドクタープリズナー-あらすじ31話

ジェファンが脳死状態に陥る前、皆が集まりジェジュンを捕まえる計画を立てていた。
ジョン検事は、逮捕状をもってジェジュンのもとへ。

ジョン検事の前に法務チーム長が現れ、ジェジュンの逮捕を阻止する。
動揺せず強行に緊急逮捕を実行するジョン検事。

その頃、イジェはジェジュンに会いに行き彼を挑発する。
平常心を失ったジェジュンは、イジェをナイフで殺そうとする。

ドクタープリズナー-あらすじ32話(最終回)

イジェの計画通り、ジェジュンは殺人未遂容疑で拘束を避けられない状況に。
ジェジュンは、刑務所生活を送る。

秘書であるチェ室長に会いたがるジェジュン。
ソグムは、ジェジュンの心理状態を把握するためCCTVでずっと監視する。

少しずつジェジュンに焦りが見え始める。
そんな中、拘束適否を引用しジェジュンは釈放される。

ジェジュンは、イジェの言葉やジェファンの最後の姿を思い出し不安になる。
ジェファンが脳死である事を秘書に確認させるジェジュン。

いよいよテガンの理事会が開かれる日がやってくる。
そこには、ソグムとイジェが車いすに乗ったジェファンと共に現れ…。

 

ドクタープリズナー-31話~32話(最終回)の感想

ようやくイジェの戦いは終わったのかな…。
最後はやっぱりちょっと?って感じ

もしかしたら続編とかあるのか?
ジェファンが脳死でなくてよかったけど、体大丈夫?

ジェファン一体何回死にかけたのよ(#^.^#)
連続殺人犯のジェジュンを刑務所に入れることがこんなにも大変なんてね。

演出や脚本も面白かったから楽しませてもらいました!

ドクタープリズナー-全話一覧

ドクタープリズナー-あらすじ全話一覧はこちら