左利きの妻

韓国ドラ・左利きの妻(73話~75話)のあらすじ感想【会長とナムジュンの遺伝子】


初回放送から視聴率12.5%!キムジヌが結婚後初のドラマ出演!

新婚旅行地で行方不明になった旦那を探す女性と、事故により他人の人生を生きる男。
欲望の中で本当の愛を探すロマンスストーリー。

「左利きの妻」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「左利きの妻」(73話~75話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

左利きの妻の相関図・キャスト情報はこちら

左利きの妻-あらすじ73話

パク会長はスホを呼び出す。
警察庁からパク会長とナムジュンの遺伝子関係が一致したという情報が入る。

パク会長は、狐につままれたような感覚で頭を抱える。
スホも、ナムジュンがオラグループの孫だとは信じられない。

その頃スイムは、ナムジュンの家でペンダントを発見する。
スイムがナムジュンが実孫だと信じこんでしまうが…。

左利きの妻-あらすじ74話

サナは、スホに会いナムジュンから聞いた話を伝える。
ナムジュンの父親は小学生の時に亡くなったという話に、不信感を募らせるスホ。

スイムは、ペンダントでナムジュンが実孫だと確信する。
しかし、パク会長はいまだ半信半疑の状態だった。

ナムジュンは、そんなパク会長に反論する。
スイムはそんなナムジュンに連れていきたいところがあると言い出し…。

 

左利きの妻-あらすじ75話

クムヒは、パク会長の自宅を訪れる。
スホのペンダントをエスドが持ち去ったと訴える。

ペンダントを巡り、クムヒ・サナ・ナムジュンが戦いが始まる。
一方、スホは病室で倒れているカンチョルを発見する。

パク会長は、ナムジュンを病院に連れていき遺伝子検査をしようと話す。
エラは、混乱を避けるためスホを消そうと決心する。

左利きの妻-73話~75話の感想

誰が誰の子供なのかホントよくわからなくなる(^^;)
こんだけ隠蔽隠蔽すると余計複雑になるよ。。

ペンダントももはや証拠でもなんでもないよ。
パク会長の言う通検査をすればすぐにわかることだもんね。

こういうありえない嘘が通用すること自体ありえないでしょ!

左利きの妻-次回のあらすじ

ナムジュンは、カンチョルに睡眠誘発剤を投与する。
その事を気づいたカン会長は…

左利きの妻のあらすじ(76話~78話)はこちら

左利きの妻-全話一覧

左利きの妻-あらすじ全話一覧はこちら