ナム・ジュヒョクとシン・セギョンがW主演!神と人間の禁断の恋を描く。

原作は韓国の人気コミック!
人間界に降りてきた神が、一人の女性と出会い恋に落ちるファンタジーロマンス!

「ハベクの新婦」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ハベクの新婦」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ハベクの新婦の相関図・キャスト情報はこちら

ハベクの新婦-あらすじ10話

別れる日が迫り、二人は心を痛めていた。
お互いを思う気持ちも深まっていく。

 

一方、ピリョムのフエに対する敵対心は、ますます強まっていく。
ついに危険な賭けに出るピリョム。

 

神たちは、そんなピリョムの怒りの理由を探すことができない。
ピリョムの挑発に乗り、窮地に陥ったスエは…。

ハベクの新婦-あらすじ11話

フエとの葛藤で、ハべクは憤りを感じる。
しかし、ソアを諦められないフエ。

 

自分には、ソアしかいないと気づくのだった。
フエは正直な気持ちを、ソアに告白する。

 

そんなフエの行動のせいで、ソアとハべクの関係にも問題が生じる。
一方、ハべクとソアの関係に気づき始めたムラは…。

 

ハベクの新婦-あらすじ12話

ソアは、ムラを通してハべクの過去の話を知る。
新界の王になるハべクは、必ず戻らなければいけないのだ。

 

再び自分に言い聞かせるソア。
ソアは、決心を固めハべクを説得する。

 

ハべクを説得したものの、切なくて苦しいソア。
別れの準備をしながら、残り少ない大切な二人だけの時間を過ごすが…。

ハベクの新婦-10話~12話の感想

フエの片思いも切ないね。
本当にソアの事が好きなのはわかるけどね。

 

すでに、ソアはハべクの事が好きだからね。
でも、両思いのソアとハべクも別れることに。

 

恋は思い通りにいかないからせつないんだよね(#^.^#)

ハベクの新婦-次回のあらすじ

再び戻って来たハべクと、再会の喜びを噛みしめるソア。
心を開いて、愛を育もうと決心する二人は…

ハベクの新婦のあらすじ(13話~15話)はこちら

ハベクの新婦-全話一覧

ハベクの新婦-あらすじ全話一覧はこちら