花道だけ歩きましょう

韓ドラ・花道だけ歩きましょう(100話~102話)あらすじ感想【ドンウが残した資料】

レポーターになることが夢だったカン・ヨウォン。
しかし、彼女は結婚を機に夢をあきらめ、専業主婦になった。

結婚した彼女を待ち受けていたのは、絶対的存在の姑ワン・コンニプのもとで目が回るような忙しさに耐える日々!

家族の愛で運命を乗り越えるヒーリングロマンス☆

「花道だけ歩きましょう」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「花道だけ歩きましょう」(100話~102話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

花道だけ歩きましょう-前回までのあらすじと感想

ジョンスクがギュチョルを騙して金を持ち出していたことを知り、激怒するジフン。
そのやり取りを目撃したスジは、ジョンスクがジフンの実母であることに気がつく。

一方、コンニプはヨウォンとチョンドンが交際していることを確かめ、チョンドンにヨウォンを幸せにしてほしいと頼むのだった。
その後、チョンドンはヨウォンにプロポーズをし、ヨウォンもチョンドンの想いを受け入れることに。

そんな中、土地の問題を巡ってコンニプはビョンレと対面することになったのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ヨウォンとチョンドンの関係はもう安心かな(*´▽`*)あとは土地の買収問題がどうなるか…?!

花道だけ歩きましょう-あらすじ100話

ヨウォンはドンウが最後にインタビューをしたというハナ飲料の元従業員を探すことに。
その元従業員に話しを聞きに向かったヨウォンは、内部告発をしたせいでハナ飲料を解雇されてしまったと怒りをぶつけられてしまう。

一方、ビョンレ宅の家政婦をやめて家を出たジョンスク。
ジョンスクが残した手紙を目にしたスジは、ジョンスクとのわだかまりを解消しようとジフンを説得するが、ジフンはジョンスクを許すことができないと答えるのだった。

そんな中、ジフンはヨウォンが不正の件を掘り下げようとしていることを知る。
チョンドンもまたヨウォンが一人で何かを調べていることに気がつくのだが…

ゆきママ
ゆきママ
ヨウォン一人で不正を暴くことは難しそう…チョンドンに話した方が良いのでは…?!

花道だけ歩きましょう-あらすじ101話

倉庫で資料を探そうとしていたヨウォンは、ジフンに見つかり、何をしているのかと問い詰められてしまう。
困惑するヨウォンの前にチョンドンが現れ、ピンチを救われるのだった。

ヨウォンから亡くなったドンウがハナ飲料の不正について調べていたと聞かされ、驚きを隠せないチョンドン。

そんな中、ハナ飲料で働き始めたイルナムはジフンのオフィスである資料を目にしていた。
さらにイルナムはチャンと自分の関係をコンニプに打ち明けようとするのだが…

ゆきママ
ゆきママ
チョンドンにとってビョンレは恩人でもあるわけだし、不正の件を一緒に調べるといっても内心複雑だろうな
 

花道だけ歩きましょう-あらすじ102話

チョンドンまでもが不正の件を調べようと動き始めたことに、ジフンは不安と焦りを感じ始める。

一方、今度こそチャンとの関係をコンニプに話そうと意気込んでいたイルナム。
しかし、酒に酔ったマンソプがコンニプの前で2人の関係を暴露してしまう。
マンソプの話にコンニプは驚き、その場にいたチャンも困惑してしまうのだった。

そんな中、ヨウォンはドンウの取材手帳の中からUSBを発見し…

ゆきママ
ゆきママ
イルナムもコンニプや家族に打ち明けようって決心してたのに、自分から話す前にチャンとの秘密を知られちゃったね…

花道だけ歩きましょう―100~102話の感想

ヨウォンはドンウが追っていたハナ飲料の不正の件について、また一歩真相に近づいたね!!
チョンドンもヨウォンに協力することになって、ジフンにとっては頭の痛い展開に…
ビョンレはチョンドンにとっては恩人でもあるし、ジフンも一緒に施設で育った友人
真実が明らかになったらチョンドンは辛い思いをするかも…(*_*;
でも、正義感の強いチョンドンなら不正を見逃したり、隠したりは出来ないでしょうね!

今後の展開が気になる!!

花道だけ歩きましょう-全話一覧

花道だけ歩きましょうのあらすじと感想、評価をまとめています!

花道だけ歩きましょう-全話あらすじと評価はこちら