波瀾万丈嫁バトル

韓国ドラマ・波瀾万丈嫁バトル-あらすじと感想!最終回まで(1話~3話)


最高視聴率17.5%のドラマ「ママ」で共演したムン・ジョンヒとチョン・ジュノが夫婦役で再び!

ヤクザのボスも、家では尻に敷かれる父親だった!?
裏社会をコミカルに描いた、笑いが溢れるヒューマンコメディ!

「波瀾万丈嫁バトル」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「波瀾万丈嫁バトル」(1話~3話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

波瀾万丈嫁バトルの相関図・キャスト情報はこちら

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ1話

チュンシム建設のペク会長には、裏の顔があった。
地元では、勢力のあるヤクザの親分なのだ。

 

そして、ペク会長から絶対の信頼を得ているユン・テス。

 

ある日、ペク会長から命令が出る。
大きな利益を生む事業の提案を出せと。

 

ペク会長の息子、キボムとユン・テスが企画案を出す。
会長が選んだのは、ユン・テスの映画投資の話だった。

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ2話

テスの企画にペク会長は、30億ウォンの大金を投資する。
ところが、お金を渡した直後から連絡が取れないソン代表。
テスはソン代表に騙されたことに気がつく。

 

身柄を拘束したポン監督とイPDだが、ソン代表の行方は分からない。
ポン監督とイPDはテスに投資金額に見合う映画を作ると言うが…。

 

その頃、キボムはソン代表を捕まえていた。

 

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ3話

テスは、ソン代表の遺体を車に乗せ警察に向かっていた。
ところが、途中で脱走兵と遭遇し、身柄確保に協力。
このテスの行為がニュースで報道されて…。

 

ソン代表と会いたいと、ペク会長に言われ困るテス。
キボムに相談するが、キボムは平気な顔でペク会長のところへ。

 

キボムのせいで、ソン代表がお金を持ち逃げした事を知ったペク会長は…。

波瀾万丈嫁バトル-1話~3話の感想

イケメン俳優チョン・ジュノが、やり手のヤクザ役。
でも、やり手の割にはドジが多いよね。

 

信頼していたキボクにまで、一杯食わされて。
そのキボムの裏切りで、ペク会長にバレちゃったじゃないの?!

 

どうするの~?
30億ウォンは大金だよ。
それが持ち逃げされた知ったペク会長は…!

波瀾万丈嫁バトル-次回のあらすじ

テスを、ソン代表殺しの犯人と疑っていたペク会長。
ウノクが入手した防犯カメラで、テスへの疑惑は晴れて…

波瀾万丈嫁バトルのあらすじ(4話~6話)はこちら

波瀾万丈嫁バトル-全話一覧

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ全話一覧はこちら