波瀾万丈嫁バトル

韓国ドラマ・波瀾万丈嫁バトル-あらすじと感想!最終回まで(4話~6話)


最高視聴率17.5%のドラマ「ママ」で共演したムン・ジョンヒとチョン・ジュノが夫婦役で再び!

ヤクザのボスも、家では尻に敷かれる父親だった!?
裏社会をコミカルに描いた、笑いが溢れるヒューマンコメディ!

「波瀾万丈嫁バトル」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「波瀾万丈嫁バトル」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

波瀾万丈嫁バトルの相関図・キャスト情報はこちら

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ4話

テスを、ソン代表殺しの犯人と疑っていたペク会長。
ウノクが入手した防犯カメラで、テスへの疑惑は晴れる。

 

テスは、ペク会長に映画製作を続けると宣言する。

 

そんな中、ソン代表の母親がはるばる大田まで来た。
有名な占い師でもある母親は、ソン大表の行方を探しに来たのだ。

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ5話

キボムの様子がおかしい。
ソン代表の霊に取りつかれているみたいだ。

 

キボムがソン代表を埋めた現場まで行くことに。
ところが死体が消えていて、皆がほっとする。

 

キボムが、ペク会長に不滿をぶつける。
息子の自分よりも、テスを大切にすることへの不滿が爆発したのだ。

 

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ6話

ソンミンは、始めたばかりの音楽活動に夢中になった。
それをウノクは大反対する。
ソウル大合格目指して、勉強に専念しろと言うウノクに…。

 

テスもソンミンの将来を案じるが…。

 

そんな中、ドギョンとウノクの激しい罵り合い動画が出回る。
ハンマウム会の会長ウノクは、責任を取り辞任する。

波瀾万丈嫁バトル-4話~6話の感想

テスとペク会長が、思い出の場所で語り合うシーンは良かった!
長い付き合いの中で培ってきた信頼関係って感じで。

 

でも、そんな事をキボムは理解できないよね。
キボムの立場になれば、分かる気がする。

 

でも、親から家を追い出される事自体の意味も理解しなきゃ。
自分の身も振り返り反省も必要だよ。

波瀾万丈嫁バトル-次回のあらすじ

家族を愛するテスの息子ソンミン。
しかし、ソンミンはテスの実子ではなくて…

波瀾万丈嫁バトルのあらすじ(7話~9話)はこちら

波瀾万丈嫁バトル-全話一覧

波瀾万丈嫁バトル-あらすじ全話一覧はこちら