左利きの妻

韓国ドラ・左利きの妻(19話~21話)のあらすじ感想【ナムジュンの恋】


初回放送から視聴率12.5%!キムジヌが結婚後初のドラマ出演!

新婚旅行地で行方不明になった旦那を探す女性と、事故により他人の人生を生きる男。
欲望の中で本当の愛を探すロマンスストーリー。

「左利きの妻」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「左利きの妻」(19話~21話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

左利きの妻の相関図・キャスト情報はこちら

左利きの妻-あらすじ19話

サナの大家がナムジュンだと知ったエラは、彼女を利用しようと思いつく。
エラの策略で会長に呼び出されたサナ。

エラは、ナムジュンを解任するための計画を実行する。
サナに脅迫まがいの提案をするエラ。

ドギョンはサナのために自分の治療士を辞めるように言う。
サナもまた厳しい現実に気力を失っていた。

左利きの妻-あらすじ20話

ドギョンは事故現場にもう一人いなかったかとエスドに尋ねる。
エスドは動揺しながらもこれを否定する。

ドギョンはしきりに事故現場の様子が思う浮かぶようになる。
そこでスホという名前を思い出す。

スホを探そうと決心する。
エラはナムジュンを陥れるために協力しないサナに不満を感じる。

そんなサナを相手に訴訟を起こそうとする。

 

左利きの妻-あらすじ21話

ナムジュンはサナを抱きしめる。
その姿を見たドギョンは激しく動揺してしまう。

サナの問題は自分が解決すると約束するナムジュン。
ナムジュンはサナを守るために、エラに秘密の取引を提案する。

エスドはドギョンの本心に気づいてしまう。
記憶を失っているにもい関わらずドギョンがサナを想っている事を。

左利きの妻-19話~21話の感想

ナムジュンがサナの事を好きなのも後々キーポイントになりそう。
ナムジュンにとってはサナが自分を守ってくれた事がうれしかったんだろうね。

サナじゃなくてエスドだったら絶対にナムジュンを陥れてたよ。
エスドは自分を救ってくれた恩人なのに、共犯者として脅迫してたもん。

記憶を失ってもサナに追いをするなんて!
本当に二人は強い赤い糸で結ばれているんだね。

だいぶ絡まりすぎてしまっているけど( 一一)

左利きの妻-次回のあらすじ

ナムジュンは、クムヒにサナへの気持ちを伝える。
ナムジュンの想いを知り感謝と嬉し涙を流すクムヒは…

左利きの妻のあらすじ(22話~24話)はこちら

左利きの妻-全話一覧

左利きの妻-あらすじ全話一覧はこちら