アイテム

韓ドラ・アイテム(31話~32話最終回)のあらすじ感想【ゴンの運命は?】


チュジフンが4年ぶりのドラマ復帰!変わり者の検事を熱演。

原作は人気ウェブ漫画!
特別な超能力を持つ「アイテム」をめぐり明らかになる陰謀。
検事たちが欲望と秘密を暴いていくファンタジードラマ。

「アイテム」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「アイテム」(31話~32話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

アイテムの相関図・キャスト情報はこちら

アイテム-あらすじ31話

ドリームワールドで再会したゴンとダイン。
二人は現実の世界に戻ろうとするが、ゴンは現代に戻れないままソンギュの姿に変わってしまう。

現代に戻ったダインは、喋ることができるようになっていた。
ダインは、ゴンの本当の名前はソンギュであることを伝える。

自分だけ現代に戻ったダインは罪の意識を感じる。
そんなダインをなぐさめるソヨンだった。

一方、記者会見を開いたユナ。
セファンの意識が戻ったことを発表するが…。

アイテム-あらすじ32話(最終回)

裁判では、幼少期に虐待に会っていたと訴えるセファン。
セファンは、拘置所から抜けだす計画を企てていた。

そんなセファンの前に、新たなアイテムを使った女性が現れる。
一緒に遊ぼうという女性に、セファンは怪しい笑みを浮かべる。

その後、セファンは拘置所の廊下の天井にぶら下がった死体として発見される。
死体は真っ黒こげでセファンの顔を見分けられないほど損傷していた。

一方、ソヨンは警察を辞め、ドンヨンが運営する施設をまかされることに。
ダインの保護者となったソヨン。

ダインとソヨンの前にゴンが現れ…。

 

アイテム-31話~32話(最終回)の感想

あの死体はセファンなんだよね。。
セファンの最後はなんだか後味が悪かった。

もしかしたら生きていてまた悪さをするんじゃないかと不安!
あのまま生きてても不安だけどね。

脱走を考えてたし。
自分の悪事も両親のせいにするし、セファンは最初っから最後まで最悪だったわ。

ソヨンがダインの面倒を見ていたんだね。
それでゴンが戻ってきたから結局はハッピーエンドだけど!

何とも言えないドラマだったかも(^◇^;)

アイテム-全話一覧

アイテム-あらすじ全話一覧はこちら