いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(106話~108話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(106話~108話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ106話

ボヒョンは、実の母であるセウンと暮らしたいと言い出す。
まさかのポヒョンの発言に、言葉を失うインジョン。

 

そんな中、ミンスはインジョンを何とかして傍で支えようとする。
しかし、インジョンはミンスに冷たい態度を取るようになる。

 

さらに、ミンスがこれ以上インジョンに会えないように、ミョンシクが邪魔をするが…。

★いつも春の日-あらすじ107話

セウンと同居したいボヒョンの気持ちを尊重しようとするインジョン。
しかし、家を出たボヒョンの現状が、インジョンの元へ伝わる。

 

一方、自分の思いをインジョンに告白するミンス。
彼はセウンを追放するために、ある計画を水面下で画策する。

 

そして、彼はミョンシクの元を訪問するが…。

 

★いつも春の日-あらすじ108話

セウンとの新しい生活を、前向きに考えるボヒョン。
そんなポヒョンを前に、ミンスは思わず言葉がつかえてしまう。

 

一方、ミンスが頻繁にポヒョンに会うことに、不満を抱くインジョン。
そんな中、セウンとヘソンはボヒョンに、不審感を持ち始める。

 

その頃、セウンと向き合わなければと言い聞かせてインジョンは…。

★いつも春の日-106話~108話の感想

えっ?ポヒョンはセウンと暮らしたいの?
まさかと思った、本心からなのかな…。

 

インジョンもミンスも、ポヒョンの気持ちは自分たちに向いていると思っていたはず。
それだけに尚更ショックだったんじゃないかな~…

 

インジョンはセウンと向き合う決心をしたけど、セウンが同じ土俵に乗ってくるとは思えない(>_<)

★いつも春の日-次回のあらすじ

セウンとインジョンは、大きな衝撃を受ける。
ミョンシクの隣に…

いつも春の日のあらすじ(109話~111話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら