いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(73話~75話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(73話~75話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ73話

ボヒョンの実父が接触してきたと、強い口調で主張するセウン。
セウンは直接ミンスに会いたいので、トクサンに一緒に同行してほしいと頼む。

 

一方、セウンはある女性とも内密に交渉を進めていた。

 

そんな中、取締役会の場に誰一人現れないことに気づく、ムンシクとハンギル。
彼らはミョンシクの態度に不満を抱いて…。

★いつも春の日-あらすじ74話

ムンシクとハンギルの二人と、水面下で協力を得ようとするセウン。

 

その頃、セウンを脅迫し続けていたミンス。
彼は同時にインジョンとの距離も、縮めようとしていた。

 

一方、セウンの行動に疑問を持ったユノ。
彼はその状況から事態を把握し、ある疑問を持つようになる。

 

★いつも春の日-あらすじ75話

トクサンの認知症が進む中、有頂天になるハンギルとミソン。

 

二人の態度に憤りを感じたユノ。
徐々に不満を募らせていく。

 

そんな中、ついにインジョンはセウンにある確信を抱く。
彼女は、セウンにこれまでの真相を打ち明けようと決意するが…。

★いつも春の日-73話~75話の感想

やっぱりセウンが大きく動いてきたー!
ハンギルとムンシクまで、取り込もうとするとは…。

 

二人が彼女に歩み寄るとはあまり思えないけどなぁ。
そして、セウンが内密に交渉していた女性って何者か気になるー!

 

ミンスの動きも要注意。
セウンにもインジョンにも接触してくるということは、やっぱりボヒョンが関係してる?

 

ミンスの目的が早くはっきりするといいなー。

★いつも春の日-次回のあらすじ

ハンギルの画策によって、トクサンは入院を余儀なくされる。
入院を聞かされたミョンシクは、ハンギルの元へ駆けつけて騒動に発展してしまい…

いつも春の日のあらすじ(76話~78話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら