いつも春の日

韓国ドラマ・いつも春の日-あらすじと感想!最終回まで(31話~33話)


最高視聴率は12%!人気女優カン・ビョルのドラマ復帰作!

取り違えてしまった赤ちゃんによって、運命が入れ替わる。
真の家族の愛を描く、心温まるドラマ!

「いつも春の日」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「いつも春の日」(31話~33話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

いつも春の日の相関図・キャスト情報はこちら

★いつも春の日-あらすじ31話

トクサンとハンギルの元へ、親子関係を示す書類が宛名不明で届く。
送り主が分からない状況に、困惑する二人をヒョンジュンも気にかける。

 

その頃、テピョンは肝臓移植手術のドナーを必要としていた。
この状況に、ハンギルはテピョンのドナーに名乗り出る。

 

しかし、どうしてハンギルがここまで協力するのかと、トクサンは不信に思う。
さらに、テピョン本人も何かを隠している態度を見せるが…。

★いつも春の日-あらすじ32話

ハンギルは、トクサンに冷たい態度をとられ、気にしていた。
事情を知っている祖母の元へ足を運ぶが、そこにはヒョンジュンが訪れていた。

 

その頃、トクサンはハンギルと食事を共にしていた。
トクサンは、隠していた事実を明かそうとする。

 

しかし、なかなか言い出せないトクサンは…。

 

★いつも春の日-あらすじ33話

ヘジャの家を訪問したミソン。
しかし、ヘジャは冷たい態度で、ミソンを追い返す。

 

その頃、ミョンシクとハンギルは、お互いの約束を果たしていた。

 

一方、取引を持ちかけてきた祖母を見つけたヒョンジュン。
その状況を、偶然セウンが見かけて…。

★いつも春の日-31話~33話の感想

書類を送ったのは誰?最初から気になってしょうがなかった!
トクサンとハンギルの関係って一体…。

 

テピョンの手術ドナーが身近にいてくれてよかった。
でも、ハンギルのことをトクサンは、信用してないんだねー。
二人の関係がもうすぐ分かるね、きっと!

 

そして、ヒョンジュンも気になる。祖母の思惑どおりに事が運ぶのかな?
毎回、いいところで終わっちゃうから、早く次が見たい?♪

★いつも春の日-次回のあらすじ

インジョンとの距離が、だんだん近づいていくジュナ。
しかし、同時にヒョンジュンの未熟な部分にも心を痛めていき…

いつも春の日のあらすじ(34話~36話)はこちら

いつも春の日-全話一覧

いつも春の日-あらすじ全話一覧はこちら