悲しいとき愛する

韓ドラ・悲しいとき愛する(13話~15話)のあらすじ感想【イヌクの確信】


日本ドラマ「美しい人」をリメイク!ヒョヌが愛のために切なく危険な純愛を見せるラブストーリー。

真実の愛とはなんなのか?
人々の欲望と危ない関係の中で真実の愛を見つける激情恋愛ドラマ!

「悲しいとき愛する」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「悲しいとき愛する」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

悲しいとき愛するの相関図・キャスト情報はこちら

悲しいとき愛する-あらすじ13話

ギャラリーに飾られている絵が、マリの作品だと気づいたイヌク。
イヌクはそのことを黙ったまま絵を買いたいと申し出るが、その絵の作者は新人画家で、今は連絡が取れない状況のため売ることはできないと断られてしまう。

しかし、このことでマリの失踪にジョンウォンの妻ハギョンが関わっていると確信するイヌク。
一方、絵を売って生活していくために自身の代理人が必要になったマリ。

マリは友人のウソンに代理人を頼もうとするのだが…

悲しいとき愛する-あらすじ14話

コンハ建設から取引を提案され、悩むヘラ。
ジョンウォンはイヌクと関わることを危惧し、取引を避けるよう告げるが、このままではギャラリーの経営は困難な状況になりかねなかった。

結局、ギャラリーの今後のために、イヌクと取引をすることしたヘラ。
しかし、イヌクからは、ハギョンと直接会って話し合いを進めたいという条件を出される。

ヘラはジョンウォンに協力を求めるが、断られてしまい…

 

悲しいとき愛する-あらすじ15話

ハギョンの情報を調べ上げたイヌク。
ジョンウォンとマリの関係を怪しむイヌクは、ジョンウォンの周辺の監視を続けていた。

一方、ギャラリー存続のため、マリに協力を求めに行くジョンウォン。
しかし、マリの笑顔を見たジョンウォンは、ハギョンのふりをしてイヌクに会ってほしいと切り出すことはできなかった。

そんな中、ジョンウォンはマリこそが探していた新人画家だと気づき…

悲しいとき愛する-13話~15話の感想

ギャラリーでマリの絵を発見したイヌクは、マリが行方をくらました件にジョンウォンの妻ハギョン、そしてジョンウォンが深く関わっていると確信!

これでイヌクは絶対に引き下がることはないでしょうねー
今度はギャラリーが経営難に陥っているところを突いて、揺さぶりをかけてきました(>_<)

財閥2世だからお金には困らないもんね…
マリはヘラに利用されてしまうんでしょうか?!
次回もハラハラさせられそう!!

悲しいとき愛する-次回のあらすじ

イヌクからの資金援助を受けるためには、どうしてもハンギョルの協力が必要なヘラ。
ヘラはジョンウォンには内緒で…

悲しいとき愛するのあらすじ(16話〜18話)はこちら

悲しいとき愛する-全話一覧

悲しいとき愛する-あらすじ全話一覧はこちら