悲しいとき愛する

韓ドラ・悲しいとき愛する(10話~12話)のあらすじ感想【距離が近く二人】


日本ドラマ「美しい人」をリメイク!ヒョヌが愛のために切なく危険な純愛を見せるラブストーリー。

真実の愛とはなんなのか?
人々の欲望と危ない関係の中で真実の愛を見つける激情恋愛ドラマ!

「悲しいとき愛する」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「悲しいとき愛する」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

悲しいとき愛するの相関図・キャスト情報はこちら

悲しいとき愛する-あらすじ10話

再びジョンウォンの自宅にやってきたイヌクは、妻の顔を見せてほしいと告げる。
怯えるマリをそっと抱き寄せ、夫婦のふりをするジョンウォン。

イヌクは、目の前にマリではない女性が出てきたことに驚きを隠せず、立ち去っていく。
マリをあきらめきれないイヌクは、ハギョンについて調査をすることに。

一方、これ以上ジョンウォンに迷惑をかけられないと感じたマリは、ジョンウォンの家を出て、一人で暮らし始めるのだが…

悲しいとき愛する-あらすじ11話

ギャラリーを訪ね、なぜハギョンとの関係を黙っていたのかと問い詰めるイヌク。
ヘラは執拗にジョンウォンのまわりを嗅ぎまわるイヌクに危険を感じていた。

一方、友人からイヌクについての情報を聞いたジョンウォン。
イヌクの母親の写真を見たジョンウォンは、その母親がマリと瓜二つであることに驚く。

コンハグループの会長である父から跡継ぎについて言及され、緊張が走るイヌク。
イヌクはなんとしてもマリを探し出そうと必死になり…

 

悲しいとき愛する-あらすじ12話

次第に距離が近づいていくマリとジョンウォン。
そんな2人の姿をそばで見てきたヘラは、2人の関係にだんだんと不安を感じるようになっていた。

ジョンウォンにハギョンの過去を暴露してしまうヘラ。
一方、再びギャラリーへと向かい、ハギョンに会おうとするイヌク。

しかし、そこに居合わせたジョンウォンから妻はいないと言われ、いったん引き下がることに。
ギャラリーを出ようとしたイヌクだが、一枚の絵が目に留まり…

悲しいとき愛する-10話~12話の感想

イヌクがジョンウォンの家に乗り込んできたときは、こっちまで心臓がバクバクしちゃった(>_<)
リュ・スヨンの演技が上手すぎて怖い…

イヌクは幼いころのトラウマから、母親にそっくりなマリに執着しているのね。
イヌクもちょっとかわいそうなところはあるけど、暴力は絶対ダメ!!

さらに今回は、ジョンウォンの亡くなった妻、ハギョンの過去の秘密が明らかに!
なんだかドロドロしてきた~!!

悲しいとき愛する-次回のあらすじ

ギャラリーに飾られている絵が、マリの作品だと気づいたイヌク。
イヌクはそのことを黙ったまま絵を買いたいと申し出るが…

悲しいとき愛するのあらすじ(13話~15話)はこちら

悲しいとき愛する-全話一覧

悲しいとき愛する-あらすじ全話一覧はこちら