鶏龍仙女伝

鶏龍仙女伝(13話~15話)のあらすじ感想【本当の夫の生まれ変わりは⁉】


韓国の童話をドラマ化!『グッドドクター』のムン・チェウォンが669歳のバリスタ役!

669歳の仙女バリスタが夫の生まれ変わりを待ち続けていた。
男性二人に出会い秘密を明らかにしていくファンタジーメロドラマ!

「鶏龍仙女伝」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「鶏龍仙女伝」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

鶏龍仙女伝の相関図・キャスト情報はこちら

鶏龍仙女伝-あらすじ13話

イヒョンが夫の生まれ変わりではないことに気がついたオクナム。
一方、前世の記憶を取り戻したグムは、急いでオクナムのコーヒーショップに向った。

しかし、そこにオクナムの姿はなかった。
その後、ある衝撃で再び過去の記憶がよみがえったグムは、鶏龍に向かうことに。

オクナムを初めて見た渓谷にやってきたグム。
そこでグムはオクナムと再会し…

鶏龍仙女伝-あらすじ14話

再会し、互いの気持ちを告白するグムとオクナム。
その後、オクナムのカフェでは、グムに反応したジョムドルがついに殻のなかから姿を現した。

しかし、山で道に迷ったイヒョンからの電話をうけたグムは慌てて出て行ってしまった。
グムが出て行ったあと、ジョムドルから夫の生まれ変わりがグムであることを聞かされ、驚くオクナム。

その頃、イヒョンは前世の記憶をすべて思い出し、不思議な力までもを取り戻していた。
イヒョンの行方を探していたグムは、渓谷でイヒョンを見つけるのだが…

 

鶏龍仙女伝-あらすじ15話

前世の記憶に苦しみ、怒りですべてを燃やし尽くそうとするイヒョン。
オクナムは燃え盛る炎の中、グムを必死に守ろうとする。

イヒョンの怒りは収まらず、仙人たちは天界への道が失われてしまうことを危惧していた。
そこへ青龍としてふ化したジョムドルが現れ、イヒョンの前世にさかのぼりはじめた。

そこで真実を知り、すべての誤解がとけたイヒョン。
その後、オクナムが天の羽衣を見つけ、天界に戻ってしまうのではないかと不安になったグムは…

鶏龍仙女伝-13話~15話の感想

やっぱり本当のオクナムの夫の生まれ変わりは、イヒョンではなくグムだった!
ずっと気になっていたジョムドルもついにふ化!

出てきた瞬間は「えっ!?」って思ったけど、青龍として生まれ変わったんだね(*^^*)
そして、イヒョンの前世の出来事がすべて明らかになりました

次回はいよいよ最終回!
どんな結末迎えることになるのか予想がつきません!

鶏龍仙女伝-次回のあらすじ

オクナムが天界に戻らないよう、必死に引き止めようとするグム。
しかし、グムの訴えもむなしく…

鶏龍仙女伝のあらすじ(16話(最終回))はこちら

鶏龍仙女伝-全話一覧

鶏龍仙女伝-あらすじ全話一覧はこちら