鶏龍仙女伝

韓ドラ「鶏龍仙女伝(ケリョン)」のあらすじ全話一覧【ムンチェウォンが仙女!】


韓国の童話をドラマ化!『グッドドクター』のムン・チェウォンが669歳のバリスタ役!

669歳の仙女バリスタが夫の生まれ変わりを待ち続けていた。
男性二人に出会い秘密を明らかにしていくファンタジーメロドラマ!

「鶏龍仙女伝」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

鶏龍仙女伝-予告

 
【放送年/放送回数/最高視聴率(韓国)/平均視聴率(韓国)】
2018年 / 16話 / 準備中 / 準備中

鶏龍仙女伝-あらすじ

チョン・イヒョンは大学の副教授。
そんなイヒョンは同僚のキム・クムとクムの実家に行くことになった。

不眠症であるイヒョンは、普段から珈琲が手放せない。
鶏龍山でカフェを見つけたイヒョンは入ることに。

一方、仙女のソン・オクナムは木こりだった夫が生まれ変わるのを669年も待ち続けていた。
鶏龍山にあるカフェでバリスタをしながら…

鶏龍仙女伝-見どころポイント

・感動 
・共感 
・ドロドロ
・面白い 
【全体評価】

 
ファンタジックな世界観を作り出しているCGの演出もこのドラマの面白いところです。

オクナムの娘で虎の姿をしたジョムスン、そして卵となり生まれ変わりのときを待つ息子ジョムドル。
その他にも個性的で可愛らしいキャラクターがところどころに出てきます。

その中には、なんとキム・ソナやエリック、チョン・ギョンホといった豪華俳優たちが声を担当しているキャラクターも!!

どこでどんなキャラクターとして登場するのかそんなところにも注目しながら楽しんでもらいたいです。

鶏龍仙女伝-相関図・キャスト情報

鶏龍仙女伝・キャスト情報はこちら

鶏龍仙女伝-あらすじ全話一覧

韓国ドラマ・鶏龍仙女伝-あらすじと感想-最終回まで-1話~3話

韓国ドラマ・鶏龍仙女伝-あらすじと感想-最終回まで-4話~6話

韓国ドラマ・鶏龍仙女伝-あらすじと感想-最終回まで-7話~9話

韓国ドラマ・鶏龍仙女伝-あらすじと感想-最終回まで-10話~12話

韓国ドラマ・鶏龍仙女伝-あらすじと感想-最終回まで-13話~15話

韓国ドラマ・鶏龍仙女伝-あらすじと感想-最終回まで-16話(最終回)

鶏龍仙女伝-全体の感想評価

・感動 
・共感 
・ドロドロ
・面白い 
【全体評価】

 
韓国国内で話題の人気ウェブ漫画が原作のこのドラマ。
韓国の昔話「天女と木こり」をモチーフに描かれた、ファンタジーラブストーリーです!

日本にも「天の羽衣」という昔話がありますが、近い部分があると感じました。

羽衣をなくし、天に帰ることができなくなってしまった仙女オクナムを「華麗なる遺産」、「王女の男」で知られるムン・チェウォンが演じています。

699年前にある出来事によって消えてしまった夫の生まれ変わりを、山奥のカフェでバリスタをしながら待ち続けているオクナム。

ムン・チェウォンは韓服がよく似合う女優さんなので、このオクナムという古風で清楚な雰囲気のキャラクターにぴったりだったと思います。

そのオクナムが山奥で偶然であった2人の男うち、一人が夫の生まれ変わりだと信じて都会に出ていくことになります。

そこから3人の前世と秘密が少しずつ明らかになっていくのですが、ハラハラドキドキの展開と胸がときめくラブストーリーで最後まで飽きずに楽しむことができました。

特にどちらがオクナムの夫の生まれ変わりなのかという点が最後の方までわからないので、最終話まで目が離せませんでした。

漫画が原作ということでCGの演出などもあり、普通のラブストーリーとは一味違ったドラマになっていると思います!