鶏龍仙女伝

鶏龍仙女伝(16話最終回)のあらすじ感想【時を超えたオクナムとグム】


韓国の童話をドラマ化!『グッドドクター』のムン・チェウォンが669歳のバリスタ役!

669歳の仙女バリスタが夫の生まれ変わりを待ち続けていた。
男性二人に出会い秘密を明らかにしていくファンタジーメロドラマ!

「鶏龍仙女伝」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「鶏龍仙女伝」(16話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

鶏龍仙女伝の相関図・キャスト情報はこちら

鶏龍仙女伝-あらすじ16話(最終回)

オクナムが天界に戻らないよう、必死に引き止めようとするグム。
しかし、グムの訴えもむなしく、オクナムは結局天界に返ってしまった。

空を眺めながら、オクナムを恋しがるグム。
ある晩、グムは夜空にひときわ強い光を放つ星を見つけた。

すると、その星はグムに向って落下しはじめる。
驚いたグムが目を開けると、そこにはオクナムの姿が…

鶏龍仙女伝-16話(最終回)の感想

オクナムが天界に帰ってしまったときは切なかったけど、最後はハッピーエンドで良かった(*^^*)

辛抱強く夫の生まれ変わりを待ち続けたオクナム、そして、今度はオクナムの帰りを待ち続けたグム!
時を超えて、ようやく結ばれたね♡

これまで前世の記憶に苦しめられていたイヒョンも、怒りや憎しみから解放されて新たなスタートを切っている姿が見られてホッとした(*´ω`*)

古風なオクナムのキャラクターとムン・チュウォンの雰囲気がピッタリだったな☆
ファンタジックでどこかほっこりさせてくれるドラマでした♪

鶏龍仙女伝-全話一覧

鶏龍仙女伝-あらすじ全話一覧はこちら