注目の若手俳優チャン・スンジョが出演!

突然全てを失った一人の女性。
娘の夢を叶えるために、強く突き進んでいくストーリー!

「訓長オ・スンナム(白詰草)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「訓長オ・スンナム」(103話~105話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

訓長オ・スンナムの相関図・キャスト情報はこちら

★訓長オ・スンナム-あらすじ103話

ボンチョルに、ドゥムルは自分が本物で証拠だと告白する。
その言葉を聞き、後ずさるボンチョルと驚くセヒ。

 

警察に捕まえるよう言うセヒたちだったが、捕まるのは自分たちの方だった。
スンナムは、今までの事と過去の事を話すと、ボンチョルは連行される。

 

セヒは怒りが頂点に達し、スンナムたちにぶつけるのだが、相手にされなかった。

★訓長オ・スンナム-あらすじ104話

ユミンは。ソンジュのところに行き話をしていた。
ウンギルとスンナムの事を話すと、ソンジュはユミンの助けを振り切り、1人で部屋を出る。

 

外で待っていたスンナムたちは、会話の内容を聞くのだが、ソンジュは謝ることしかしなかった。
その後、ウンギルに連れて行ってもらい休む。

 

スンナムとドゥムルは、後継者をユミンした事がひっかかり、理由を探すのだった。

 

★訓長オ・スンナム-あらすじ105話

スンナムはソンジュのところに行き、自分の母親が亡くなった理由を聞く。
その言葉に驚き、腰を抜かすソンジュは、落ち着いて話をしようとスンナムに言うと涙を流す。

 

その様子を見ていたセヒは、1人不気味な笑みを浮かべる。
ソンジュはスンナムに、母親が生きていた事を知る。

 

しかし、今になってはもう会えない事を知り、涙を流すスンナム。
今になって後悔していると、謝罪するソンジュ。

★訓長オ・スンナム-103話~105話の感想

ボンチョルとセヒがドゥムルだとわかった時の顔、最高だったね(≧∀≦)
騙した甲斐があった~!

 

いきなり、ウンギルからユミンに後継者を変えたら、だれでも疑うよね!
スンナムも、もう少し早ければ母親に会えたのにって考えたら、もどかしいだろうね~。

 

ソンジュも会社のためにした事だと言ったけど、謝るぐらいでは許されない!

★訓長オ・スンナム-次回のあらすじ

スンナムがソンジュの本当の娘だと知り、言葉をなくす。
ウンギルはそんなスンナムを抱きしめ…

訓長オ・スンナムのあらすじ(106話~108話)はこちら

訓長オ・スンナム-全話一覧

訓長オ・スンナム-あらすじ全話一覧はこちら