訓長オ・スンナム

韓国ドラマ・訓長オ・スンナム(白詰草)-あらすじと感想!最終回まで(73話~75話)


注目の若手俳優チャン・スンジョが出演!

突然全てを失った一人の女性。
娘の夢を叶えるために、強く突き進んでいくストーリー!

「訓長オ・スンナム(白詰草)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「訓長オ・スンナム」(73話~75話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

訓長オ・スンナムの相関図・キャスト情報はこちら

★訓長オ・スンナム-あらすじ73話

スンナムは、ソンジュとウンギルのところに行き、セジョンの居場所を聞く。
ソンジュが手に持っていたアクセサリーを見て不審に思うのだが、ウンギルスンナムを止める。

 

そこに険しい顔をしたセジョンが出て来て、走り去るとウンギル追いかける。
その後、セヒが出て来てセジョンに全て話したと伝える。

 

ソンジュはセヒに怒るのだが、言い分があり反抗するとその場から立ち去るのだった。

★訓長オ・スンナム-あらすじ74話

涙を流すボクヒは、ジュニョンが死んだのは自分のせいだと言い始める。
その事を、影で聞いていたセヒは、不気味な笑みを浮かべていた。

 

スンナムは、以前言っていた事と全く違う事を話すボクヒが、理解ができなかった。
そんなユミンは、今更そんなことを言われても変わらないと呆れる。

 

そして、スンナムはユミンの暴言にショックをうけ、言葉が詰まり出て行くと、そこにはセヒが待っていた。

 

堂々としているセヒだったが、ボクヒの言葉を信じていないスンナムはまだ疑うのだった。

 

★訓長オ・スンナム-あらすじ75話

スンナムはボクヒを探していた。
そこにドゥムルもやってくる。

 

セヒは心の中で、ボクヒがこのままいなくなれば万々歳だと思っていた。
ユミンも警察から出て来て話をするのだが、簡単に警察が動いてはくれそうになかった。

 

先に会社に帰って仕事をしてと言うユミンに、一緒に行くと言うのだが、断るセヒ。
セヒはその後会社に戻り、両親に報告をするのだが…

★訓長オ・スンナム-73話~75話の感想

ソンジュは自分の孫の姿を見て、嬉しそうだったけど、セヒにとっては邪魔な存在みたいね。
大人たちに振り回されるセジョンも大変!

 

ボクヒもセヒのせいで、自分がジュニョンを殺したと言っていたけど、どんな薬を使えばああ言う風になるのか不思議…。

 

そのせいで、セヒのあの堂々とした態度がまた出てきたけど、それも長くは続かない気がする!

 

日本も韓国も、警察はそう簡単には動いてくれないものなのね~。
警察側の意見もあるとは思うけど、私には一生理解できない言い訳にしか聞こえないだろうなぁ。

★訓長オ・スンナム-次回のあらすじ

セヒのところに警察がやってきて、連行される。
スンナムとドゥムルは、素直に連行されないセヒを冷たい目で見ていると…

訓長オ・スンナムのあらすじ(76話~78話)はこちら

訓長オ・スンナム-全話一覧

訓長オ・スンナム-あらすじ全話一覧はこちら