最高視聴率27.5%「青い鳥の家」の脚本家、パク・ピルジュが手掛ける作品!

絡み合う中年男女4人の愛憎劇!!
初々しい恋愛から、中年男女の恋愛まで幅広く描かれています!

「また、初恋(漆黒の四重奏)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「また、初恋(漆黒の四重奏)」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

また、初恋(漆黒の四重奏)の相関図・キャスト情報はこちら

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ34話

ミンへは仕事を終え、ハジンとドユンが会わないようするのだが、失敗する。
ドユンは、ハジンに写真を見せながら話していた。

 

その後、家に戻ったドユンは、ミンへとの偽装結婚の時に書いた契約書を破る。
そして、本当の夫婦として、これから一緒に生きていこうと言うのだった。

 

その言葉を聞き、不安だったミンへは安心する。

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ35話

ミンへは、倒れているハジンにお金を投げる。
ハジンは一度起き上がるが、出血してまた倒れてしまう。

 

その後、緊急病棟に運ばれるハジン。
無くなっていた記憶が、少しづつ戻ってくるのだった。

 

ハジンが運ばれた事を知った家族は、すぐに病院に向かっていた。

 

一方、ドユンはヨンスクが株を集めている事実を知る。
そして、ジョンウは小切手の所有者がミンへだった事を確認して、驚いていた。

 

★また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ36話

ミンへは、ジョンウがハジンにした事を全て知り、結局ヨンスクは助けをもらう。
ジョンウに、記憶が戻った事を話すハジン。

 

そんなハジンに、ジョンウは、8年間分の記憶が戻って疲れただろうと心配していた。

 

一方、ドユンは秘書に、これからはハジンの仕事を私に見せるなと言う。
ミンへは、自分が今までにしてきた事を、ハジンがしたかのように話して…

★また、初恋(漆黒の四重奏)-34話~36話の感想

ハジンの記憶が完璧に戻ってきたね~!
でもドユンは、ハジンよりミンへと一緒になるって言ったけど、そのままかなΣ(゚д゚lll)

 

ミンへは、自分よりハジンのとこに行ってしまうと、考えてただろうなぁ。
よかったのか悪かったのか…(*_*)

 

ハジンも、言われっぱなしじゃ終わらないよね!
今後の展開に期待!!

★また、初恋(漆黒の四重奏)-次回のあらすじ

ハジンはミンへに、これからあなたがする事は、そのままそっくり返していくと言う。
そして、これから脅迫する事は一旦ちゃんと考えてからした方が良いと、脅して…

また、初恋(漆黒の四重奏)のあらすじ(37話~39話)はこちら

★また、初恋(漆黒の四重奏)-全話一覧

また、初恋(漆黒の四重奏)-あらすじ全話一覧はこちら