ミスティ

韓国ドラマ・ミスティ-あらすじと感想!最終回まで(7話~9話)


『棚ぼたのあなた』のキム・ナムジュが6年振りの主演ドラマ!

韓国一のアナウンサーである女性が、殺人事件の容疑者に!
ずっと信じていた愛が本当の姿を見せる、大人な激情ドラマ。

「ミスティ」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ミスティ」(7話~9話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ミスティの相関図・キャスト情報はこちら

ミスティ-あらすじ7話

ウンジュは自分の旦那であるケビンを、ヘランに紹介する。
その後、控え室で上半身裸のケビンとヘランが一緒にいるところに、ウンジュが現れるのだった。

 

ウンジュは、車の防犯カメラの映像を確認すると、ヘランとケビンの関係を知ってしまう。
そして、ウンジュはテウクの退勤時間を見計らい、偶然を装い待ち伏せして一緒にヘランに会いに行く。

 

テウクに今回の弁護の事をお願いするウンジェだが、断られてしまう。

ミスティ-あらすじ8話

高校時代のミョンウとヘラン。
ミョンウは動揺するヘランに、逃げるよう指示するのだが逃げるどころか抱きついて、その場を離れようとしなかった。

 

そんなヘランに、このことは忘れるよう説得させると、ミョンウはその場に倒れこむ。
ヘランは無我夢中でその場を去るのだが、そこに大人になったミョンウがいた。

 

ヘランは悪夢に苦しんでいる様子を見かねたテウクは、目を覚まさせてケビンに…

 

ミスティ-あらすじ9話

ヘランはみんながいる前で、ギジュンに手錠をかけられる。
会社の人たちが動揺するなか、ヘランは無表情で連行されるのだった。

 

出て行く前、ギュソクに自分は殺していないと最後に伝えると自らの足で去る。
ギジュンはエレベーターでヘランに、弁護士のことを話すとテウクに電話をするのだが、テウクは電話に出ようとしなかった。

 

テウクにまで見捨てられたと感じたヘランは、どこか寂しい表情を浮かべながら連行される。

ミスティ-7話~9話の感想

ウンジュは自分とヘランを比べて、何もできないと諦めていたけど、どうにかしたかったのだろうね(>_<)
ヘランもまさかウンジュにバレているとは思っていなかったんでしょう。。

 

ケビンもウンジュに復讐しようと、死んでからも苦しませるなんてどこまで恨んでいるのか。
ヘランの性格だったら、敵は多くなるのはしょうがないけど。
もう少しコミュニケーションを取れば、こんなことにはならなかったのでは…。

 

今更遅いけど、テウクも今まで一緒にいたのだからヘランの弁護をしてほしい!

ミスティ-次回のあらすじ

寒空の中、ヘランの釈放のニュースを見つめるウンジュ。
ヘランは弁護士でもあり旦那でもあるテウクとともに、記者たちを避けながら車に乗り…

ミスティのあらすじ(10話~12話)はこちら

ミスティ-全話一覧

ミスティ-あらすじ全話一覧はこちら