日本で大人気だった元KARAのパク・ギュリが出演!!

初回放送から視聴率は20%越え!!
優秀な警官と新人警官のヒューマンラブストーリー!

「恋の花が咲きました」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「恋の花が咲きました」(106話~108話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

恋の花が咲きましたの相関図・キャスト情報はこちら

★恋の花が咲きました-あらすじ106話

ドヒョンは1人事務所にいた。
そして、チョンバキに電話をして、会う約束をするのだった。

 

一方、チキンの店にいたムグンファたち。

 

そして、今日のムグンファの行動について派出所のみんなが褒めていると、その事をヒジンたちも聞いていた。

 

その後、仕事から帰ってきたヒジンは、サンチョルにもムグンファの事を話して…

★恋の花が咲きました-あらすじ107話

チョンバキは、ドヒョンに呼ばれた場所に現れる。
ドヒョンは、チョンバキからの脅迫など通用しなかった。

 

淡々と話をするドヒョンは、チョンバキを監禁することにするのだった。

 

一方、派出所ではムグンファはテジンと話をしていた。
想像とは違う反応に驚くムグンファは、退社すると自宅でテジンの話をソノクとするのだが…。

 

★恋の花が咲きました-あらすじ108話

ドヒョンは教官と食事をしていた。
テジンの事について話をしていると、ドヒョンではなくテガプの力が必要だと言われてしまう。

 

一方、派出所ではムグンファはテジンと笑顔で話をしていた。

 

その頃、ボラはソンヒを心配して、料理を持ってきた。

 

話をしている途中、吐き気を催すボラ。
ソンヒは妊娠を疑い始めるのだが、ボラは知らないフリをする。

★恋の花が咲きました-106話~108話の感想

ドヒョンはテジンに対して、今後どうするのかな(*_*)
やっぱり金と権力があれば、警察なんて怖くもなんともないのかな。

 

テガプはあんな状態になって、また家族が集まったけど雰囲気は良くないみたい(ノ_<)
この家族がみんな笑顔になる日はくるのか…。

 

ソンヒはやっぱり母親だから、ボラの吐き気にもすぐさま察知して、妊娠と疑い始めたからすぐバレそう。

★恋の花が咲きました-次回のあらすじ

テジンはある男性と会い、事件について話をしていた。
チョンバクの写真を見せるのだが…

恋の花が咲きましたのあらすじ(109話~111話)はこちら

恋の花が咲きました-全話一覧

恋の花が咲きました-あらすじ全話一覧はこちら