日本で大人気だった元KARAのパク・ギュリが出演!!

初回放送から視聴率は20%越え!!
優秀な警官と新人警官のヒューマンラブストーリー!

「恋の花が咲きました」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「恋の花が咲きました」(109話~111話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

恋の花が咲きましたの相関図・キャスト情報はこちら

★恋の花が咲きました-あらすじ109話

テジンはある男性と会い、事件について話をしていた。
チョンバクの写真を見せるのだが、男性は記憶があまりなかった。

 

しかし、テジンが話した証言とは反対に、身長は高かったと男性は伝える。
その言葉を聞いて不信になったテジンは、その後自宅に帰り1人で考えるのだった。

 

一方、ドヒョンはジェヒと飲みながら、ボラを留学させる話をしていた。

★恋の花が咲きました-あらすじ110話

テジンはムグンファを公園に呼び出すと、チョンバクが真犯人ではない可能性があると伝える。
その言葉を聞いて、もどかしいムグンファは、悔し涙を流してしまう。

 

そんなムグンファを優しく抱きしめるテジンは、泣き止むまでそばにいた。

 

一方、ドヒョンは1人で酒を飲みながら。テジンが再調査を始めた事を考えていた。
ムグンファは家に戻ると、ボラが実家に戻る事を聞かされて…

 

★恋の花が咲きました-あらすじ111話

ファン教官に会って、事件のことについて話をするテジンだったが、しらを切られてしまう。
逆に、今回の事件を再調査したテジンが、不利になってしまうことに…。

 

ファン教官は警察署を出て行く途中、そこにいたムグンファにも嫌味を言う。

 

その後、休憩室に行くテジンを心配して、追いかけたムグンファ。
状況を説明して欲しいと言うのだが、テジンは何も言わなかった。

 

その夜、ムグンファとギョシクは2人で飲みに行く。
そこで、テジンの事を話すのだが…

★恋の花が咲きました-109話~111話の感想

テジンが調べている真犯人は、ドヒョンだと伝えたいのに伝えられないもどかしさ…。
でも、その事を知ったせいで警察が動き出したね(>_<)
テジンは大丈夫かなぁ。

 

ボラも、なかなか自分勝手な部分があるけど…
結婚したならスヒョクにも相談しないといけないよね(*_*)

★恋の花が咲きました-次回のあらすじ

ドヒョンのところに来たテジンは、いきなり掴みかかる。
ドヒョンはその手を退け…

恋の花が咲きましたのあらすじ(112話~114話)はこちら

恋の花が咲きました-全話一覧

恋の花が咲きました-あらすじ全話一覧はこちら