七日の王妃

韓国ドラマ・七日の王妃-あらすじと感想!最終回まで(13話~15話)


イ・ドンゴン×ヨン・ウジン×パク・ミニョンと豪華主演の時代劇ドラマ!

7日間だけ王妃となった女性、端敬(タンギョン)王后。
実話を題材として、男女の三角関係を描いた切ないストーリー。

「七日の王妃」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「七日の王妃」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

七日の王妃の相関図・キャスト情報はこちら

七日の王妃-あらすじ13話

密書を見たチェギョンは、大きな衝撃を受ける。
晋城大君の野望に気づいたチェギョンは、自身の父までもが危険な事実を知る。

 

愛する人を守るために、張り裂けそうな悲しみを乗り越えなくてはいけない。
心労から体調を崩すチェギョンを、一番中看病する晋城大君。

 

回復したチェギョンは、決心を固め燕山君に会いに行く。
待ち続けた燕山君だったが、チェギョンの話に顔色を変える。

 

二人の会話を聞いていた、晋城大君は…。

七日の王妃-あらすじ14話

自分の正体を隠し、晋城大君とチェギョン宅の使用人になるミョンへ。
ミョンへと晋城大君の会話を聞いたチェギョンは、ショックを受ける。

 

晋城大君への不信感が高まり、苦しいチェギョン。
チェギョンは、体に隠した密書の傷をみせながらすべてを打ち明ける。

 

そんな中、チェギョンの体に密書が隠されていることを知った燕山君。
燕山君は、チェギョンに服を脱ぐよう命ずる。

 

そこへ、晋城大君が現れ…。

 

七日の王妃-あらすじ15話

密書を燕山君に渡し、王位を退いた晋城大君。
チェギョンと晋城大君の誤解は解け、二人で幸せに暮らす約束をする。

 

そんな中、一人ヤケ酒を飲む燕山君の心情は穏やかではない。
再びチェギョンと晋城大君を、苦しめようと企てる。

 

その後、燕山君は、チェギョンを呼び出す。
チェギョンの家族や家門を傷つけるという、燕山君の脅迫に…。

七日の王妃-13話~15話の感想

なんて悲しい現実。
本当に運命に翻弄されている、チェギョンと晋城大君。

 

でも二人の愛は本物だったんだね!
すべてを捨てて、やっと手に入れた幸せだったのに。

 

そのささやかな幸せも許されないのかぁ~(>_<)
燕山君の執着が恐ろしい!

七日の王妃-次回のあらすじ

晋城大君は、スグンの危機を救う。
そして、晋城大君とチェギョンは…

七日の王妃のあらすじ(16話~18話)はこちら

七日の王妃-全話一覧

七日の王妃-あらすじ全話一覧はこちら