熱血司祭

韓ドラ・熱血司祭(34話~36話)のあらすじ感想【チョルボムと手を組む!】


「医心伝心」のキムナムギルが主演!視聴率20%越えのヒット作!

短気な司祭の男性と刑事の女性が殺人事件で出会うことに。
二人が手を組み繰り広げられるコミカルな捜査劇ドラマ!

「熱血司祭」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「熱血司祭」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

熱血司祭の相関図・キャスト情報はこちら

熱血司祭-あらすじ34話

金庫の金を運び出す作戦を実行するヘイルたち。
緊張した面持ちで金庫の中に入っていくギョンソン。

一方、外ではヘイルとデヨンが騒動を起こし、チョルボムの部下たちをおびき出していた。
弁当に仕込んでおいた秘薬が効き始め、次々と倒れこんでいく部下たち。

その頃、カン検事にチョルボムと結託していたことを見破られ、ピンチに追い込まれてしまったギョンソン。
助けに向かったヘイルたちも金庫に閉じ込められてしまい…

熱血司祭-あらすじ35話

金庫の装置が作動しはじめ、酸素濃度が下がり始めていく。
死の危険が迫るなか、大きな振動とともに金庫の中に穴が開く。

それは金庫の中身を狙って夜な夜な穴を掘り続けていたコザエフが貫通させた穴だった。
無事に脱出することのできたヘイルたちは、カン検事もジョングォンたちに金も奪われたと知る。

後日、教会を訪れ、ともに戦おうと提案するチョルボム。
提案を受け入れれば、ヨンジュン神父の死の真実を話すと言われたヘイルは…

 

熱血司祭-あらすじ36話

弁護士に変装し、チョン区長の面会に向かうハン神父。
十八番の泣き落としが通用せず、苦戦を強いられるが、一人息子の話を持ち出し、チョン区長から重要な証言を引き出すことに成功する。

ジョングォンの居場所を突き止め、乗り込んでいくヘイル。
こうしてジョングォンたち4人は逮捕された。

しかし、その後ジョングォンたちは逃走し…

熱血司祭-34話~36話の感想

今回も緊迫した中にもコミカルさがあって、そのバランスが絶妙だったなぁ~(*^^*)
カン検事も結局はジョングォンに裏切られて、金を持ち逃げされて、ざまぁ見ろって感じ!!

そして、ヘイルたちはチョルボムと手を組み、ジョングォンたちとともに闘うことに!
人質にとられ、大けがを負ったハン神父の容態が心配…。
つづきを見るのがちょっと怖い…(/_;)

熱血司祭-次回のあらすじ

ジョングォンに殴られ大怪我負ったハン神父。
病院に運ばれ、緊急手術をうけたが…

熱血司祭のあらすじ(37話~39話)はこちら

熱血司祭-全話一覧

熱血司祭-あらすじ全話一覧はこちら