人形の家

韓国ドラマ・人形の家-あらすじと感想!最終回まで(34話~36話)


チェ・ミョンギル×パク・ハナ×ワン・ビンナの人気女優たちが主演!ドロドロ愛憎劇!

二人の女性が愛・友情そして裏切りを繰り広げる。
その中で真実を突き止めていく緊張感あふれる復讐ストーリー!

「人形の家」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「人形の家」(34話~36話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

人形の家の相関図・キャスト情報はこちら

人形の家-あらすじ34話

ヒョジョンは、ミョンファンが再び邸宅に戻れるよう手を回す。

 

一方、セヨンがデザインした服が完成させる。
しかし、会長に披露する途中何者かにすり替えられてしまう。

 

ミョンファンの仕業だった。
特別に開発した生地が盗まれ、プロジェクトは大打撃を受ける。
落ち込むセヨンだったが…。

人形の家-あらすじ35話

ミョンファンは、盗んだ生地を会長のもとへもっていく。
市場に出回る前に見つけたと自分の手柄にするのだった。

 

そんな中、ウィナーズの役員たちは、ギョンへとセヨンが出した企画を反対する。
ギョンへは必死で説得を続ける。

 

一方、ミョンファンはセヨンとギョンへを押しのける策を見失っていた。
しかし、ヒョジョンは次の策略を実行する。

 

人形の家-あらすじ36話

ウン会長は、ミョンファンにギョンへとの離婚を言い渡す。
ミョンファンは、ひざまずき会長に泣きつくのだった。
ミョンファンの演技も虚しく、会長の決心が変わることはなかった。

 

焦ったミョンファンとヒョンジョンは、新たな作戦に出る。
ギョンへが5年前に起こした事故を利用することだった。

 

一方、セヨンの服に何の問題がない事を確認したギョンへは…。

人形の家-34話~36話の感想

会長よく離婚を切り出してくれた。
そうそう、ずっとギョンへは苦しんでたんだから!

 

執事とはいっても食事の量・運動量・睡眠時間すべて管理するなんてすごすぎる。
まぁ~実娘だからできたのかな?

 

5年前の事故をまた利用するんだ。。
でも死んでなかったんだから大丈夫だよね?

人形の家-次回のあらすじ

ギョンへは、突然急ブレーキをかける。
そこへコンニムが出くわし…

人形の家のあらすじ(37話~39話)はこちら

人形の家-全話一覧

人形の家-あらすじ全話一覧はこちら