王になった男

韓ドラ・王になった男(10話~12話)のあらすじ感想【ハソンの正体がバレる⁉】


ヨジングが王と道化師の1人2役に挑戦!大人気映画のリメイク作品!

王位の権力争いが極限状態だった朝鮮中期。
王は逃れるために、自身に似た道化師を代わりに宮殿へ入れる!
そこで繰り広げられる時代劇。

「王になった男」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「王になった男」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

王になった男の相関図・キャスト情報はこちら

王になった男-あらすじ10話

互いに惹かれ合うハソンとソウンの心はさらに近づいていく。
それぞれに助け合い、絆を深めていく2人。

そんな2人の関係に気がついたイ・ギュはハソンに警告を伝え、愛するソウンに自分の正体を隠し続けなければならないことにハソンは葛藤する。

そんな中、ソウンは書庫でハソンが文字を練習した紙を見つける。
それによりソウンの中である疑問が生じ…

王になった男-あらすじ11話

ハソンの正体を知ってしまったソウン。
あまりの衝撃に激しく混乱してしまう。
しかし、イ・ギュはハソンにこのまま王のふりを続けさせようと考えていた。

一方、ソウンは廃位を覚悟し、宮中を出ていってしまう。
夫であるイ・ホンではなく、ハソンを愛してしまったことに罪の意識を抱え、崖から身を投げようとした瞬間、ハソンが現れ…

 

王になった男-あらすじ12話

ソウンをかばい、刺客から放たれた矢を受けてしまったハソン。
ソウンの懸命な看病のおかげで九死に一生を得たハソンは、その後ソウンとともに宮中に戻った。

王として民のために政治を行っていく覚悟を決めたハソンは、ダルレとガプスを危険な目に遭わせないように、今後は会わないと決心する。

しかし、ガプスがある事件を起こし義禁府に捕らえられてしまう。
ハソンとガプス、ダルレの関係に気がついたチスは、ハソンを罠にかけ…

王になった男-10話~12話の感想

ついにソウンに正体を知られてしまったね(>_<)
ソウンに本当のことを話せず、騙し続けなければならなかったハソンだけど、ソウンを愛する気持ちに嘘はなかったんだよね。

ソウンもそのことはわかってくれたはず!
そして、チスに追い詰められ窮地に陥ってしまったハソン(*_*;

自ら正体を明かしてしまったけどこの先どうなっちゃうのー?!

王になった男-次回のあらすじ

自らチスに正体を明かしたハソン。
チスはダルレを人質に取り…

王になった男のあらすじ(13話~15話)はこちら

王になった男-全話一覧

王になった男-あらすじ全話一覧はこちら