ランジェリー少女時代

韓国ドラマ・ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-あらすじと感想!最終回まで(4話~6話)


宇宙少女のボナやチェ・ソジンなど、期待の若手俳優が多数出演!

女子高生の友情や恋を描く!
70年代を舞台にしたレトロポップな青春ストーリー!

「ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)の相関図・キャスト情報はこちら

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-あらすじ4話

ヘジュに対する、ソンジンへの気持ちを知ったジョンヒ。
失恋の痛みとともに、ヘジュにまで裏切られたと感じて苦しんでいた。

ドンムンは、そんなジョンヒをそばで見守り、慰める。
そして、ドンムンとジョンヒ、2人の距離はいつの間にか近づいていたのだった。

一方、ヘジュの父親は数日前から連絡が取れず、家にも帰ってこなかった。
かくまっていた学生も姿を消してしまい、ヘジュはヨンチュンに助けを求めるのだが…

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-あらすじ5話

ジョンヒは親切に接してくれるドンムンに、再び心が揺れ動く。
ドンムンは、そんなジョンヒの気持ちを自分に向けさせるため奮闘する。

一方、学校ではヘジュの父親に対する悪い噂が広まっていた。
父親のことが心配で、食事ものどを通らないヘジュ。

そんなヘジュのようすを耳にしたヨンチュンは、妹をヘジュのところに行かせる。
父の噂だけでなく、ヘジュとヨンチュンに関する噂までささやかれるようになって…

 

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-あらすじ6話

学校のクラスメイトや教師たちのヘジュに対する反感が、次第に強くなる。
そんなヘジュの姿に胸を痛めながらも、ジョンヒはただ見守ることしかできない。

そんな中、ヘジュの父親が倒れてしまう。
ヘジュに心を閉ざしていたジョンヒだったが、ヘジュの父が倒れたことをきっかけに、2人はまたもとの仲に戻ることができた。

思いがけず、ソンジンと一緒に劇場に出掛けることになったジョンヒ。
ジョンヒは、そこで父とドファの姿を目にする。

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-4話~6話の感想

ソンジンの好きな人がヘジュだと知って、ジョンヒはかなりショックだったみたい(;゚Д゚)
好きな人が、自分の友達のことを好きって結構あるよね~。

ドンムンは本当にジョンヒのことが好きなんだね!
ソンジンほどイケメンではないけど、ドンムン優しいし良いと思うけどな~!

ジョンヒもちょっとずつドンムンを意識し始めたみたい!

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-次回のあらすじ

ソウルに行ってしまった、ソンジンへの気持ちがあふれるジョンヒ。
泣いてばかりのジョンヒだったが…

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)のあらすじ(7話~8話最終回)はこちら

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-全話一覧

ランジェリー少女時代(キミに猛ダッシュ)-あらすじ全話一覧はこちら