世界的スターのイ・ジュンギと人気歌手IUが初共演で話題の時代劇!

目を覚ましたら、そこは高麗時代だった!
8人のイケメン皇帝たちに胸キュンが止まらないラブロマンス時代劇!

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~の相関図・キャスト情報はこちら

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ4話

ワン・ソは、母である皇后ユ氏を守るために宮廷に向かう。
突然現れたワン・ソに驚いた皇后ユ氏は、彼を拒否してしまう。

 

ワン・ソは、過去に追った傷のせいで、母への気持ちを抑えて生きてきたのだ。
母に素直な気持ちを打ちあけるも、ひどい言葉を投げかける皇后ユ氏。

 

そのせいで深く傷ついたワン・ソは激しく荒れる。
そこへ現れたへ・スは…。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ5話

ワン・ソは、皇宮の星が良く見える部屋で暮らすようになる。
そんな中、へ・スはワン・ウクが準備した薬材で入浴剤を作ろうとする。

 

そんなへ・スの様子をみながらワン・ウクは癒される。

 

そんな中、へ氏夫人の体調が優れない。
そのため、ワン・ウクの詩の相手をするへ・スだったが理解できずに困る。

 

そこへ、第13皇子べクアがやってきて協力してくれるが…。

 

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ6話

突然のへ氏夫人の死は、へ・スたちを悲しみのどん底に突き落とす。
ウクやべクアも、自分の気持ちを伝えられなかったと悔やむ。

 

第10皇子ウンの演出のおかげで、少し心が落ち着くへ・ス。
そんな矢先、ヘ・スのもとに婚姻の知らせが届くのだった。

 

突然の知らせにためらうへ・ス。
どうにか婚姻を阻止できないか模索するウクは…。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-4話~6話の感想

皇后ユ氏は本当にひどい人だわ。
それでも本当の母親なの?

 

昔はたくさん産みすぎて情なんてあんまりないのかな?
自分が生き残るために、子供を利用する時代なんだもんね。

 

ワン・ソが可哀想すぎる。
こういう母親じゃなかったら、ワン・ソの人生は変わっていたはずだよ。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-次回のあらすじ

宮女として生活を送るヘ・ス。
オ尚宮は、ヘ・スの実力が期待以下だったことに失望して…

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~のあらすじ(7話~9話)はこちら

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-全話一覧

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-あらすじ全話一覧はこちら