緑豆の花

韓ドラ・緑豆の花(37話~39話)のあらすじ感想【裏切り】


チョ・ジョンソク復帰作!波乱万丈なヒューマンストーリー。

時代は東学農民革命。
戦わなければならなかった異母兄弟を描いたヒューマンストーリー。

「緑豆の花」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

今回は、「緑豆の花」(37~39話)のあらすじと感想を 紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

緑豆の花-前回までのあらすじと感想

イヒョンが武田と手を組んだことを知り、激しく失望するジャイン。

そんな中、ジャインはボンジュンと対面し、挙兵のための物資供給を申し出る。

一方、イヒョンの正体を知っていながら隠していたことで東学党から破門されていたイガンだが、ジャインのもとで警護をすることになり…

ゆきママ
ゆきママ
このタイミングでイヒョンが全州に来ることになるとは…イヒョンが親日派になったことを知ったらイガンはショックだろうな

緑豆の花-あらすじ37話

ヒョンが日本側の手足となって動いていることを知り、愕然とするイガン。

イガンは怒りを抑えきれずイヒョンの頬を叩くが、イヒョンは自分が全州にいる間の護衛をしてくれないかとイガンに告げる。

ボンジュンと対面し、挙兵の動向を探るイヒョン。
そんな中、ホンガの話を聞いたイヒョンはボンジュンたちの挙兵計画に勘付く。

一方、イガンはこれまでジャインを誤解していたことを謝り…

ゆきママ
ゆきママ
ジャインへの誤解が解けたのは良かったけど、イヒョンに挙兵計画を気づかれちゃったのはマズイ(*_*;

緑豆の花-あらすじ38話

イガンとホンガは、倉庫の中でジャインが密かに集めた大量の草履を見つけ、ジャインが自分たちを裏切っていることに激しい怒りを感じる。

倉庫から逃げ出したイヒョンのあとを追うイガン。
イガンはイヒョンに銃を向けるが、ホンガに殴られ気を失ってしまう。

ジャインが東学軍の挙兵を手伝っていた事実を知り、激怒するボンギル。
しかし、ジャインは自分のしたことに何の後悔もないと堂々と告げ…

ゆ き マ マ
ゆ き マ マ
イガンにはイヒョンを撃つことなんて出来ないよね…でも、これで挙兵しようとしていたことが日本政府側に伝わってしまうだろうし、ジャインが危険な目に遭わなければいいんだけど(*_*;

 

緑豆の花-あらすじ39話

ボンギルを脅し、自分たちに協力するよう告げるイヒョン。
ボンギルはイヒョンに脅威を感じ、イガンとジャインを裏切る決断を下す。

一方、日本政府側は東学軍の挙兵を防ぐため、高宗に民衆たちを諭す文書を発表するよう告げ、これに従わなければ、高宗を東学軍の黒幕だと疑わざるを得ないと脅迫する。

高宗による暁諭文が出され、解散を迫られる東学軍。
しかし、民衆たちの士気は下がることはなく…

ゆきママ
ゆきママ
イガンたちの計画はイヒョンたちに妨害されてしまうだろうし、東学軍が心配(*_*;

緑豆の花-37話~39話の感想

東学軍の挙兵の動きに気づき、これを制圧しようとする日本政府!

王に暁諭文を出させて民衆を扇動する東学軍を解散させようとしたものの、民衆、さらには両班たちも東学軍と共に日本と戦うと集まることに!

いよいよ日本軍と戦うことになりそうね…

複雑な気持ちではあるけど、ドラマも佳境に入り、ますます目が離せなくなりそう!!

緑豆の花-全話一覧

緑豆の花-あらすじ全話一覧はこちら