最後まで愛

韓ドラ・最後まで愛(70話~72話)のあらすじ感想【セナの衝撃の事実】


ホン・スアの韓国ドラマ復帰作。欲望が溢れる悪女役を熱演する!

愛し合ってた男女二人が別れを選択してしまう。
それでも一生に一度の愛を貫き幸せを探し続ける、ドロドロ愛憎劇!

「最後まで愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「最後まで愛」(70話~72話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

最後まで愛の相関図・キャスト情報はこちら

最後まで愛-あらすじ70話

酔ったエミリーの言動に疑いを持ち始めるジェヒョク。

セナは、ジョンハンとエミリーの契約について知る。
セルジュ化粧品の取引先に不渡りが発生し始める。

一方、ヒョンギはジョンビンが結婚していない事実を知る。

ジェヒョクは、ジョン会長を訪ねる。
そして、YBグループの会長の椅子を譲るよう圧迫する。

最後まで愛-あらすじ71話

ジョン会長は、セナがジェヒョクの本当の娘ではないことを告げる。
その話を聞いてジェヒョクは大きな衝撃に包まれる。

セナ直接自分の口から告白し、その事で脅迫してきたと話すジョン会長。
ジェヒョクは怒りに震えるのだった。

そんな中セナは、スチャンの家を売却しスチャンを追い出してしまう。
一方、セルジュ化粧品の株主総会とYBの理事会が同じ日に行われることになる。

 

最後まで愛-あらすじ72話

ジェヒョクは、YB会長に就任する。
一方、セルジュ化粧品の株主総会でスチャンの代表辞任案が通過する。

スチャンはセナを責めるが、セナはスチャンに問題があったとしらばっくれる。
スチャンは、セナの仕打ちに怒りと悲しみを覚えるのだった。

セナは、セルジュ化粧品買収責任者としてジョンハンを指名する。
ジェヒョクは、セナにセルジュ化粧品の機密技術を盗むように指示する。

最後まで愛-70話~72話の感想

今まで大事にしてもらってきたのによくこんなことができるよね。
セナは人間じゃないよ(>_<)

本当にムカついて見ていられないもん!
ジョンハンがなんとかしてくれることを祈りたいけど。

今の感じだとセナが有利になってしまったね。
こんだけの犯罪者がどうして伸し上がれるのかおかしな話が続いてる気がする(^^;)

最後まで愛-次回のあらすじ

セナは、産業技術流出の罪で警察に逮捕される。
ジェヒョクは、セナを冷たく除外して…

最後まで愛のあらすじ(73話~75話)はこちら

最後まで愛-全話一覧

最後まで愛-あらすじ全話一覧はこちら