師任堂(サイムダン)、色の日記

韓国ドラマ・師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじと感想!最終回まで(22話~24話)


韓国視聴率50%越え「宮廷女官チャングムの誓い」以来のイ・ヨンエ主演作!

13年ぶりにイ・ヨンエが主演の注目作品!
女流画家のラブロマンス時代劇。

「師任堂(サイムダン)、色の日記」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「師任堂(サイムダン)、色の日記」(22話~24話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

師任堂(サイムダン)、色の日記の相関図・キャスト情報はこちら

★師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ22話

楊柳紙所は、今や漢陽で有数の名店になっていた。

 

サイムダンは何の心配もなく、制作に専念する日々を送っていたが…
夫ウォンスは彼女に内緒でクォン氏の酒場に通い詰め、家にも帰ってこない。

 

そんな中、ギョムが2年ぶりに漢陽に帰ってくる。

 

同じ頃、チヒョンはなかなか復位できないことに苛立ちを隠せないでいた。
そんなチヒョンのために、朝廷に返り咲く糸口を必死に探そうとするフィウムダン。

 

一方、サイムダンは最近のウォンスの行動を不信に思い、クォン氏の元を訪ねる。
すると、夫とクォン氏が親密にしている現場を目撃してしまい…

★師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ23話

中宗は体調が優れないことを理由に、世子を摂政に命じる。
世子は信頼しているギョムに助言を求めるが、ギョムが関与することに中宗は不満を抱く。

 

中宗の側室の娘、貞順王女の機嫌を取り、王宮に戻ってくるフィウムダン。

 

一方、ウォンスはサイムダンの絵を勝手に持ち出し、愛人クォン氏に言われるがまま売り払ってしまう。
そんなウォンスを見てサイムダンは心を痛める。

 

しかし、サイムダンが工房に戻ると、売られたはずの絵がすべて元通りになっていた。
その場にギョムからの手紙と、芍薬の絵が置いてあるのを見つけて…。

 

★師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ24話

フィウムダンとチヒョンが、あっさり朝廷に返り咲いたことに納得がいかないギョム。
コッチョンに探りを入れるよう命じる。

 

の機会を待っていたチヒョンは、フィウムダンの制止を振り切り、倭寇と危険な取引を交わしてしまう。

 

息子である世子は、体調が優れない中宗を元気づけようと、王の勇ましい姿を肖像画として残すため、ギョムに制作の全権を与える。

 

時は変わって現代。

 

ミン教授の学長就任日。
ジユンとサンヒョンに論文盗作の疑惑が浮上し、さらに、ヘジョンは博物館で免職処分を受けることに…

★師任堂(サイムダン)、色の日記-22話~24話の感想

ファイムダン夫婦が反撃に転じない限りは、穏やかな日が続くだろうと思ってたけど、やっぱりね…。
ウォンスが、酒場の女主人クォン氏の元へ足しげく通うのは、サイムダンの良妻賢母ぶりが負担に思えちゃうからなのかな?

 

大切な絵をあっさり売るとかありえない!
その後、ギョムがその絵をこっそり買い戻してあげるところが、なんとも歯がゆい(>_<)

 

王様の言動に振り回されて、一喜一憂する場面が多いね、今後も続くのかなぁ。

★師任堂(サイムダン)、色の日記-次回のあらすじ

男性の身なりで、図画署の画員に応募した、サイムダンの娘メチャン。
実技試験で最高点を取るが、女性だと見破られ会場から閉め出されて…

師任堂(サイムダン)、色の日記のあらすじ(25話~27話)はこちら

師任堂(サイムダン)、色の日記-全話一覧

師任堂(サイムダン)、色の日記-あらすじ全話一覧はこちら