ソロモンの偽証

韓国ドラマ・ソロモンの偽証-あらすじと感想!最終回まで(10話~12話最終回)


原作は宮部みゆきさん!緊迫感溢れるヒューマンミステリードラマ。

謎の死を遂げた同級生の事件の真相を、生徒たちが突き止めていく。
緊迫感と感動で目が離せない学園ミステリードラマ。

「ソロモンの偽証」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ソロモンの偽証」(10話~12話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ソロモンの偽証の相関図・キャスト情報はこちら

ソロモンの偽証-あらすじ10話

すべてがジュリの嘘から始まっていたと知ったソヨン。
ソヨンは、激しい虚しさに襲われる。

 

そんなソヨンにジフンは、まだソウの死の真相が明らかになっていないと話す。
そして、もう一度裁判をやり直そうと告げるのだった。

 

ハンチーム長はこれ以上の裁判を防ぐため、学校側と協議し、校内裁判サークルに懲戒処分を下す。
一方、ジュニョンは事件当日、自分が見た人物はジフンだと知って…

ソロモンの偽証-あらすじ11話

4次裁判が開かれる。
美術の先生が証人として立つ。

 

ジョングク高校の番人の正体と、ジョングク財団の陰謀が明かされる。
職位を奪われる危機に瀕した教頭は、ジョングク高校の非道さを暴露する。

 

ハンチーム長はすべてを終わらせるため、証人として裁判に出る。
ソヨンとジフンは、ハンチーム長への尋問を始めるのだが…

 

ソロモンの偽証-あらすじ12話(最終回)

ソウの殺害容疑をかけられ、被告人になってしまったジフン。
ソヨンはジフンへの尋問をはじめる。

 

クリスマスの夜に起こった出来事、そしてこれまでに隠し続けてきたことをすべて陳述する。
これに対して、もう一度裁判に出ると言うハンチーム長。

 

そこで新たな証言をするのだった。
最後の校内裁判の場で、ついにすべてが明らかになる!

ソロモンの偽証-10話~12話(最終回)の感想

ついに真実が明らかに!
真実を追究し続けた生徒たち!

 

そして明らかになった大人たちの罪…
なかなか重い内容だったけど、心に刺さるところがたくさんあったなぁ。
見ごたえのあるドラマでした♪

ソロモンの偽証-全話一覧

ソロモンの偽証-あらすじ全話一覧はこちら