推理の女王 シーズン2

韓国ドラマ・推理の女王 シーズン2-あらすじと感想!最終回まで(4話~6話)


日本でも大人気「推理の女王」が待望のシーズン2!

クォン・サンウ×チェ・ガンヒの最強コンビが復活♪
二人がさまざまな犯罪を解決していく推理ドラマ!

「推理の女王 シーズン2」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「推理の女王 シーズン2」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

推理の女王 シーズン2の相関図・キャスト情報はこちら

推理の女王 シーズン2-あらすじ4話

鋭い推理で、放火犯の正体を突き止めたソロク。
しかし、犯人は、少年法にも該当しない9歳の小学生だったのだ。

 

犯罪を防ぐどころか、加害者を法で処罰できない現実。
そんな現実にソロクは、憤りを感じるのだった。

 

被害者と被害者家族の苦しみと怒り。
ソロクとウァンスンは、被害者の悔しさをほぐすことができるのか?

推理の女王 シーズン2-あらすじ5話

1日に14時間勉強したものだけが、合格できるという伝説の学生街。
公務員試験を目指すものが集まるこの町に、ソロクの姿があった。

 

ソロクは、警察の試験合格を目指し必死に勉強する。
真剣に勉強だけに打ち込むために、伝説の学生街にやって来たソロクだった。

 

しかし、その街で残忍な殺人現場を目撃することに。
事件の捜査に乗り出したソロクとウァンスンは…。

 

推理の女王 シーズン2-あらすじ6話

警察試験合格を目指し、伝説の学生街にやって来たソロク。
ソロクの前で、予期せぬ殺人事件が発生する。

 

事件の容疑者として、一人の女子学生が浮かび上がる。
CCTVと運動靴に付着していた血痕のせいだった。

 

事件ではなく勉強に集中しなくてないけないソロク。
しかし、事件の事が気になって勉強に身が入らず。

 

結局、ソロクの鋭い推理が始まるのだった。

推理の女王 シーズン2-4話~6話の感想

9歳の放火犯は衝撃的だったな。
子供が間違いを犯したのに、親の対応は何??

 

そんなんだから、9歳なのに恐ろしい事をしてしまうんだよ。
世間はだませても、自分自身はだませない。

 

9歳の子は一生罪を背負って生きていくんだ。
じゃなきゃ被害者が報われないよ…。

 

奉仕活動したからって許されるわけじゃない!!

推理の女王 シーズン2-次回のあらすじ

完璧な推理で、二硫化式殺人事件の真犯人を突き止めたソロクとウァンスン。
事件は解決するが、警察試験の日にちが迫っていて…

推理の女王 シーズン2のあらすじ(7話~9話)はこちら

推理の女王 シーズン2-全話一覧

推理の女王 シーズン2-あらすじ全話一覧はこちら

推理の女王 シーズン1-あらすじ全話一覧はこちら