ザバンカー

韓ドラ・ザ バンカー(4話~6話)のあらすじ感想【追い詰められたソンミの運命】


原作は日本の人気漫画「監査役 野崎修平」!主演はキムサンジン!

銀行の支店長から本社へ昇進した一人の男性。
監査員として不正などを暴いていく金融オフィスを舞台にした捜査ドラマ!

「ザ バンカー」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「ザ バンカー」(4話~6話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

ザ バンカーの相関図・キャスト情報はこちら

ザ バンカー-あらすじ4話

追いつめられたソンミは屋上から飛び降りようとする。
デホは、ソンミに近づき自分が解決してあげると説得する。

もう誰も信じられないというソンミ。
足を滑らせたソンミをデホが救出しする。

その後、デホはク社長と支店長の不正を調べ始める。
焦った支店長は親戚のクァンシクに助けを求めるが…。

ザ バンカー-あらすじ5話

営業1部ソミンエージェンシーを調査するようしというメールを見たデホ。
デホは営業1部を訪れる。

営業1部の部長から連絡を受け副頭取はデホの行動に激怒する。
一方、書類一枚で100億の借入をした庶民エイジェンシー。

デホとポゴルは、ソミンエイジェンシーの代表に会って直接話を聞くことに。
副頭取はデホの調査を阻止しようとするが…。

 

ザ バンカー-あらすじ6話

ソミンエイジェンシーの100億の回収に成功する。
この件の責任をとって営業1部の部長が辞表を提出する。

しかし、まだこの件は落着ではないのだった。
デホは、営業1部長のもとを訪れ自分に協力してほしいと説得する。

一方、大韓銀行の経営を立て直すためにへゴンが副頭取として出勤する。
へゴンは1年の間に大韓銀行の経営を正常化させると宣言するが…。

ザ バンカー-4話~6話の感想

どの組織にもある権力争いが恐ろしい。
このドラマあんまり期待していなかったけど意外とおもしろいかも。

暴力的なものよりは見やすいし面白い!
デホが落ち着いてるから見てて安心する。

デホなら絶対大丈夫っていう感じがある。
この独特な演技が魅力なんだと思う!

役者さんの魅力もドラマに大きな影響を与えるんだなと改めて思った!

ザ バンカー-次回のあらすじ

へゴンの発表に、質問があると手を上げるデホ。
再び構造改革を行えば社員たちの混乱を招くのではというデホに…

ザ バンカーのあらすじ(7話~9話)はこちら

ザ バンカー-全話一覧

ザ バンカー-あらすじ全話一覧はこちら