トッケビ

【13~15話】トッケビのネタバレと感想!トッケビと花嫁の悲しい愛の結末とは??

こんにちは、韓ドラ大好きゆきママです♪

最高視聴率20.5%を記録し、韓国で”トッケビシンドローム”を巻き起こした話題作!

主役を演じるのは、『コーヒープリンス一号店』や『ビッグ〜愛は奇跡〜』で知られる人気俳優コンユと、映画『ウンギョ 青い蜜』で衝撃的なデビューを果たした女優キムゴウン。

注目の実力派俳優たちが繰り広げる、甘く切ないファンタジーラブロマンス♡

今回は、そんな『トッケビ』の13話~15話のネタバレと個人的な感想を紹介しちゃいます!!

トッケビ13話~15話の見どころ
  • ついに、トッケビの剣が抜かれる…!?
  • 再びウンタクの前に現れたシン!しかし、記憶を失くしたウンタクは…。
  • シンのプロポーズに胸キュン♡

ちなみに、U-NEXTでは『トッケビ』の16話分全話の動画を、登録後31日間だけ無料視聴できますよ~♪

U-NEXTで『トッケビ』を無料で見る

【13話】トッケビ-あらすじ&ネタバレ

「お前が王だったとはな…!」

と、死神の首に手をやり、睨みつけるシン。その言葉に、「俺が…ワンヨなのか?結局、俺がそうだったのか?」と涙を浮かべる死神…。

「私の部下、そして私の妹、親族たちが…私の前で斬りつけられ、火を放たれた…王の命で!」

シンはありったけの憎しみを、目の前の死神にぶつけます。

「記憶のないお前は…さぞ楽だろうな。」

いくら記憶がないとはいえ、恨みを抱える王の生まれ変わりである死神と、一緒に暮らすことはできないと家を出ていくシン。

一人残された死神は、私的に能力を使ったとして、罪に問われることに。

死神が受けることとなった罰とは、過去の記憶を蘇らせるというものでした。

多くの民を殺し、王女すらもその手にかけた王・ワンヨ。

ワンヨは自暴自棄となり、侍女の持ってきた毒入りの薬酒を浴びるように口にします。「俺は、誰にも愛されたことがなかった…。」

過去の記憶を取り戻した死神。

そんな死神の前に現れ、「妹を守れ」と話すシン…!実はパクが狙っていたのは、他でもなくキムソンの生まれ変わり、サニーだったのです!

別れ際、シンは先代の王も妹も、そして自分も、皆が王を愛していたと告げるのでした…。

その瞬間、シンの胸に刺さる剣が光りを放ちます!ふと、この剣の持つ本当の意味に気づくシン…!

”この剣で、パクチュンホンを討つ…!”

シンの言葉通り、サニーを見守る死神。すると、歩道橋の向こうで、死神に声をかけるサニー!?

記憶を失くしたはずなのにと驚く死神に、サニーはおどけた表情で話します。

「幸せな瞬間だけ残して、あなたを忘れろだなんて。おかしいじゃない?」

そう、サニーは死神と過ごした記憶を、幸せな記憶として残していたのです!

「今度こそ本当にお別れよ。バイバイ、陛下」そう言って、サニーは指にはめていた指輪を死神に渡し、その場を去っていくのでした。

ビルの屋上に立つ、ウンタクとシン。

シンは「少しあとで、俺が電話をする。そしたらすぐに俺を呼ぶんだ。」と言い、出て行こうとするも、すぐに引き返し、ウンタクに強くキスをします!

(ここが本当に名シーンなんです!!)

どうやらシンは、パクチュンホンを今夜ここで討とうとしている様子。

ウンタクの前に現れた、パクチュンホン!?

するとパクチュンホンは、ウンタクの身体に乗り移ってしまいます!

次の瞬間、「パクチュンホン」と死者の名前を呼ぶ死神。「死者は死神の呼びかけに答えろ!」

そして、死神が三度名前を呼ぶと、ウンタクの身体から怨霊が飛び出します!

気を失い、その場に倒れこむウンタク。

そんなウンタクの手を取り、シンは自ら胸に刺さる剣を引き抜きます…!

シンによって斬りつけられたパクチュンホンは、消滅…。剣が抜かれたシンは、その場に膝をつき倒れこみます!

ウンタクを見つめ、「愛してる」と呟くと、シンの身体は炎に包まれ、灰となるのでした…。

目の前で消えてしまったシンの面影を探し、何度も泣き叫ぶウンタク…。

【13話】トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜-感想

ついにシンの胸の剣が抜かれ、シンはこの世を去ってしまいました。

ラストの泣きじゃくるキムゴウンちゃんの演技が、あまりにも壮絶で、演技力の高さを見せつけられました!本当にすごい!

そして、別れ際にウンタクに、強く激しいキスをするシン…。これまではどちらかというと、可愛らしいキスが多かった二人。ちょっと大人なキスに、シンの本音が垣間見られた気がします。本当にこれが最後の別れになることを、シンは知っていたのでしょうね。

死神とサニーの別れのシーンも、なんだか切なかったです。結局、現世でも結ばれることのなかった二人。

神は、死神に自分が愛される存在だと知らせるために、トッケビと引き合わせたのかな~なんて思ったりもしました。

【14話】トッケビ-あらすじ&ネタバレ

シンが消えた後、急いで鞄からノートとペンを取り出し、そこにシンの名前を綴るウンタク!しかし、それも虚しく、あっという間にウンタクは、シンに関わる記憶を失ってしまうのでした…。

”お前の罰は終わった…もう眠りにつきなさい”

という声が聞こえるなか、一人彷徨うトッケビ。果てのない雪原?を、トッケビは一人で、ただひたすらに歩き続けます。

シンがこの世を去り、9年もの月日が流れました。

再び神に、この世で生きることを許されたシンは、900年前に滅びたその姿のまま、ウンタクの前に姿を現します。

しかし、全ての記憶を消され、シンが誰だかわからないウンタク。

それなのに、シンに抱きしめられたウンタクの目からは、自然と涙がこぼれます。

誰もシンを覚えていないなか、死神だけが、シンのことを覚えていました!「無になったというトッケビとは、お前か?」

シンを迎え入れ、「遅くなったが…本当に遅くなってしまったが、俺の罪を許して欲しい。」と涙を流す死神。

こうしてまた、死神とトッケビの共同生活が始まりました。

一方ウンタクは、たびたび現れるシンのことが気になり始めます。そして、ウンタクがシンを思うと、ウンタクの前にシンが現れます。

「…会いたかった人には、会えましたか?」と尋ねるウンタクに、「会ったが…俺のことがわからないようだ。」と答えるシン…。

ユ会長の後を継ぎ、会社の代表となったキム秘書。

会長の遺言にあったキムシンの登場に、キム秘書は会社の全ての権限をシンにゆだねます。(ユ会長は死の直前、キム秘書に”キムシンと名乗る男性が現れたら、彼に全てを返すように”と伝えていました。)

一方、カナダから送られてきた一通の手紙を受け取るウンタク。

差出人は…自分!?それは、ウンタクがシンと訪れたホテルで、母親宛に書いた手紙だったのです!

しかし、シンとの記憶が残っていないウンタクは、もちろんカナダへ行ったことも、手紙を書いたことも覚えていません。

取引先の会社の代表として、正式にウンタクに挨拶するシン。

身分のハッキリとしたシンを見て、ウンタクは少しづつ心を開いていきます。

ふとした瞬間に訪れる深い悲しみの原因が、カナダから届いた手紙に隠されているのではと考えたウンタクは、休暇を出し、カナダへ。

しかし、そこにもまたシンの姿が…!

【14話】トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜感想

なんとかこの世に再び蘇ったシンですが、神によって、シンに関する記憶は人々の頭から消し去られてしまいます!

せっかく9年ぶりに再会したというのに、シンが誰なのかわからないウンタク。自分だけが全てを覚えているというのは、一体どういう気持ちでしょうか。

そんななか、唯一死神だけはシンとのことを覚えていました!その理由は、”神が弱かったから”だそう。神の心の弱さが、たった一人だけは、シンのことを覚えている人物がいても良いと考えたのです。そして選ばれた死神…。

シンと死神が、再び笑い合える日が来て、本当に良かったです( *´艸`)あとは、ウンタクの記憶さえ戻れば…。

【15話】トッケビ-あらすじ&ネタバレ

ケベックの街並みを歩くシンとウンタク。

「ケベックに、来たことあるんですか?よく知ってるみたい。」と尋ねるウンタクに、「ええ、…初恋の相手と。」と答えるシン。

初恋を忘れられずにいるのに、しきりに自分に好意を寄せるシンに、ウンタクは複雑な表情を浮かべます。

そして二人は、あの行きつけのレストランへ…。「代表!こっちです!」とほほ笑むウンタクを見て、かつて見た光景が、自分だったのだと確信するシン!

「…ここももしかして、初恋の人と来たんですか?」

そうだと答えるシンに、ウンタクは不満をもらします。そんなウンタクを見つめ、幸せそうなシン…。

カフェで誰かを待つ死神のもとへやってきたのは、サニー!?

「私のこと知っていますか?」と尋ねるサニーに、「いいえ」と答える死神。

ウンタクの手紙を店に持ってきたのは、死神だったのです。店内のカメラの映像で死神の姿を見たサニーは、「会いたかった」と話します。

手紙の礼をいい、その場を離れようとするサニーに「会えてよかったです」と告げる死神。

死神と別れたサニーは、「…私も、会えてよかったです。キムウビンさん」と呟くのでした…!

シンが消えた日、神と出会っていたサニーは、記憶を消すことを望みませんでした。こうしてサニーは、死神への想いを胸に抱きながら、一人孤独に生きていく道を選ぶことに…。

ケベックのとある噴水の前で、昼間拾った楓の葉を握りしめるウンタク。

次の瞬間、失ったはずのシンとの記憶が、ウンタクのなかに蘇ります!

「…会いたかった…!」

泣きながらシンを呼ぶウンタク。振り返るとそこには、シンが…!

ウンタクを抱きしめ、優しくキスをするシン…。

再びシンに出会えたことを、「夢のようだ」と話すウンタク。シンは「夢じゃない」と言って、ウンタクを抱きしめます。

カナダから戻ったウンタクは、シンと甘い時間を過ごすことに。

かつてのように、火を吹き消し、シンを呼び出すウンタク。シンもそんなウンタクとの時間に、幸せを感じるのでした。

初恋について語りながら、通りを並んで歩く二人。

ふとシンは立ち止まり「今日は天気が良いから、する話なんだが…。お前がいつも眩しいから、する話なんだが…。全ての初恋の相手がお前だから、する話なんだが…。」と、言葉を続けます。

「また天気の良いある日、この高麗の男の花嫁になってくれないか?」

次の瞬間、真冬の寒空に、満開の桜が咲き誇り…!

【15話】トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜感想

シンとの記憶を取り戻したウンタク!ロウソクの火を消し、シンを呼び続けるウンタクのシーンは、思わず涙が溢れました。

本当に、何度も言いますが、キムゴウンちゃんの演技が圧巻なんです!!そしてウンタクを優しく抱きしめ、そっとキスをするシン…。ここでも、”キス職人”コンユのテクニックが炸裂します!(笑)

この二人のキスシーンは、永遠に見ていられる気がします(≧▽≦)

そして、こちらはサッドエンディングとなってしまったサニーと死神。サニーは記憶を失うことなく、今もなお、死神に思いを寄せていたのです。なのに、そのことを告げずに、凛とした態度で死神に接するサニーの姿に、これまた涙が…。

号泣必至の第15話でした(ノД`)・゜・。

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜を無料で見る方法

トッケビをリアルタイムで見逃してしまっても、U-NEXTで全話見ることができます!

U-NEXTは、『雲が描いた月明かり』や『太陽の末裔』など人気作品の独占見放題配信も多くて、韓ドラの見放題本数はなんと700本以上♥♥

U-NEXTは、31日間の無料お試し期間があります!31日間は、特に追加料金もなく無料で全話見れますよ~~~!

『入ってみて、意外と見るものないな…』

って思ったなら登録してから31日以内なら、解約しても料金はかかりません!

しかもトライアル特典として、600円分ポイントもらえるから、見放題作品以外でも最新の韓ドラが見れちゃうからおすすめですよ。

U-NEXTの無料お試しはこちら

【13話~15話】トッケビ-まとめ

韓国ドラマ「トッケビ」の第13話~第15話までのあらすじをご紹介しました!

過去の怨霊を消し去るため、自らの剣を抜く決意をしたシン!そしてついに、シンは剣を抜き、無と化してしまいます…。

それから9年…。再びウンタクの前に現れるも、記憶を失くしたウンタクは、シンだと気づかず…。しかし、それでもウンタクのそばに立ち続けるシンの強い思いが伝わり、ウンタクは記憶を取り戻します!

そしてシンは、ウンタクに永遠の愛を誓うのでした…。

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜-全話一覧

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜の全話ネタバレ一覧をまとめました!
全体的な作品の評価も書いているので、参考にしてください♪

トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜-評価と全話一覧はこちら