チャダルレ婦人の愛

チャダルレ夫人の愛(61話~63話)のあらすじ感想【受け入れられないボンナム】


主演はハ・ヒラ!大人女子たちが共感できるヒューマンドラマ!

平均を上回るような、恵まれた生活を送っていると思っていた中年女性3人。
突然やってきた困難を乗り越えようと奮闘する、超どたばたストーリー!

「チャダルレ夫人の愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「チャダルレ夫人の愛」(61話~63話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

チャダルレ夫人の愛の相関図・キャスト情報はこちら

チャダルレ夫人の愛-あらすじ61話

詐欺に遭っていたお金が戻って来て喜ぶボンナム。
そんな矢先、ボンナムは突然道がわからなくなり不安に襲われる。

ヒョヌがボンナムを保護し家に連れていくのだった。
一方、ミレはソンジュの疑いを晴らすために、スカーフの領収書を見つけジュノに渡す。

ジノクは、テレビショッピングから連絡を受ける。
その頃ボンナムは検査を受けるため病院を訪れていた。

チャダルレ夫人の愛-あらすじ62話

ボンナムは初期の痴呆症だと診断される。
ボンナムは、自分の診断結果を受け入れられないでいた。

ホセはダルスクのために事務所を設立する決意をする。
そして、コ室長をスカウトしてくるのだった。

勝手にスミを解雇してしまったソンジュ。
そのせいで激怒したジュノは、動物病院で意外な秘密を見つけてしまう。

 

チャダルレ夫人の愛-あらすじ63話

ジュノは家でもソンジュが隠しているCCTVを発見する。

ジノクは、重要な会議の資料を作るために夜通しする。
ようやく終わりに近づいていた頃、ボンナムが誤ってその資料を全部消してしまったのだ。

激怒するジノクだったが、仕方なくそのまま会社に向かう。
ボンナムは、ジノク会いたさに会社まで押し掛ける。

ボンナムの意味不明な行動に怒りを爆発させるジノクは…。

チャダルレ夫人の愛-61話~63話の感想

ボンナムの痴呆症は結構深刻だね。
ボンナムのせいでみんなが困っているよ。

ジノクは一番可哀相だよ(>_<) 今まではボンナムのどうしようもない性格に悩まされ、ようやく自分の道を見つけたと思ったらこれだもん。 ソンジュの執着もひどいから一度病院で診てもらった方がいいかもね。。

チャダルレ夫人の愛-次回のあらすじ

ボンナムは、突然お金の管理をジノクに任せると言い始める。
そのせいで大事な会議に遅刻してしまうジノクは…

チャダルレ夫人の愛のあらすじ(64話~66話)はこちら

チャダルレ夫人の愛-全話一覧

チャダルレ夫人の愛-あらすじ全話一覧はこちら