チャダルレ婦人の愛

チャダルレ夫人の愛(64話~66話)のあらすじ感想【症状が悪化していくボンナム】


主演はハ・ヒラ!大人女子たちが共感できるヒューマンドラマ!

平均を上回るような、恵まれた生活を送っていると思っていた中年女性3人。
突然やってきた困難を乗り越えようと奮闘する、超どたばたストーリー!

「チャダルレ夫人の愛」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「チャダルレ夫人の愛」(64話~66話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

チャダルレ夫人の愛の相関図・キャスト情報はこちら

チャダルレ夫人の愛-あらすじ64話

ボンナムは、突然お金の管理をジノクに任せると言い始める。
そのせいで大事な会議に遅刻してしまうジノク。

ようやく自分が痴呆だという事を受け入れるボンナム。
治療に受けに行くボンナムはソヨンと遭遇する。

一方、ドンヒョンが怪我をしてしまう。
ジュノからその連絡を受けたミレは、動物病院に向かうが…。

チャダルレ夫人の愛-あらすじ65話

ジノクは、テレビショッピングの販売を成功させる。
功績を認められインセンティブまで受け取るのだった。

ボンナムは、自分のお金をジノクが持ち出したと誤解する。
自分でも気づかないうちに過激的な行動を起こしてしまうボンナム。

そのせいでジノクは、ボンナムとの離婚を決意する。
一方、夜遅くミレの家にやってきたソンジュは…。

 

チャダルレ夫人の愛-あらすじ66話

ボンナムが家を出てから、連絡が取れなくなってしまう。
ジノクは心配で仕事に身が入らない。

一方、お酒に酔ったジュノはミレの家にやってくる。
ミレの家で眠りについてしまったジュノ。

ソンジュの目を気にして、ミレは何度もジュノを起こすが起きない。
朝になって目を覚ましたジュノの前にソンジュが現れ…。

チャダルレ夫人の愛-64話~66話の感想

ジノクとボンナムの喧嘩も尽きないね。。
病気のせいもあるけどボンナムが無茶苦茶だからなぁ。

ダルスクとホセはコントをやってるみたいだね。
みんなやりたい事やって暮らすのは羨ましいけど生活費はどうしているのか気になる(笑)

ソンジュのように旦那さんの事を信じられなくなったら終わりだね。
お互い不幸になるだけだから早く分かれた方がいいよ。

チャダルレ夫人の愛-次回のあらすじ

ジノクは、ボンナムの痴呆について知り衝撃を受ける。
CCTVのせいで憤りを感じるジュノは…

チャダルレ夫人の愛のあらすじ(67話~69話)はこちら

チャダルレ夫人の愛-全話一覧

チャダルレ夫人の愛-あらすじ全話一覧はこちら