チェオクの剣

韓国ドラマ・チェオクの剣-あらすじと感想!最終回まで(7話~9話)


視聴率30%越え!朝鮮王朝でハ・ジウォンが女刑事を演じる!

舞台は17世紀の朝鮮王朝!
女刑事がヒロインの愛と革命を掲げるアクション時代劇!

「チェオクの剣」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「チェオクの剣」(7話~9話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

チェオクの剣の相関図・キャスト情報はこちら

チェオクの剣-あらすじ7話

突然兵士たちに囲まれたチュオク達。
一歩逃げ遅れたチュオクの肩めがけて銃弾が!
ソンベクは、危険をかえりみずチュオクを救出する。

 

負傷したチュオクを山の砦に連れ帰るソンベク。
チュオクが女性だと悟れらぬように、注意深く傷の手当てを施す。

 

チュオクの負傷を知ったユンはチェオクの元へ走る。

 

一方、チェオクは偽小判の真相に迫り、剣を交えていた。
危機一髪のところにユンが到着し、一命を取りとめる。

チェオクの剣-あらすじ8話

偽小判事件の首謀者として捕らえたホンドゥが自害した。
ホンドゥを信頼していた王命で、ユンとセウクは牢獄へ。

 

セウクの息子チオが隊長となった討伐隊が山の砦に向って出発した。
一足先に砦に着いたチェオクをソンベクが待っていた。

 

チェオクは、ソンベクに向けた剣を振り下ろすことできなかった。

 

ソンベクは討伐隊の攻撃をかわし、山の中へ消えていった。
ソンベクを追いかけて、討伐隊はさらに山の奥深くに入っていく。

 

川の中を進む討伐隊に弓矢が次々と放たれ、隊員たちがバタバタ倒れていく。

 

チェオクの剣-あらすじ9話

ソンベク達の攻撃で、討伐隊全員が死亡する。
首領であるソンベクを斬ることができなかったチュオクは、責任を痛感する。

 

チュオクは命がけで王宮へ忍び込む。

 

護衛たちに斬られながらも、チュオクは王に会いに行く。
重傷を負いながら必死に話すチェオクの姿に驚く王であった。

 

一方、事件の真の首謀者ピルジュンは、証拠隠滅のためにカマ村の村民を皆殺しにする。
無残な姿になったカマ村を見たソンベクは、呆然と立ち尽くしていた。

チェオクの剣-7話~9話の感想

真の首謀者はピルジュンだったのね。
まったく悪人は何処までも悪人!

 

罪もないカマ村の人々や、ソンベクの師匠ハクチョルの無残な姿。
ソンベクがショックで言葉も出なくなるのもわかるわ~。

 

そんな中、死の淵を彷徨うチュオクと助けようと必死なユン。
チュオクからユンにあてた手紙が泣けてくる~(´;ω;`)ウッ…

チェオクの剣-次回のあらすじ

ユンは、恩師スウォルにチェオクの命を助ける方法を尋ねる。
スウォルから伝授された方法で…

チェオクの剣のあらすじ(10話~12話)はこちら

チェオクの剣-全話一覧

チェオクの剣-あらすじ全話一覧はこちら