運命と怒り

韓ドラ・運命と怒り(10話~12話)のあらすじ感想【ヘラとテオの交際宣言】


チュ・サンウク&イ・ミンジョンが『ずる賢いバツイチの恋』振りの共演!

運命を変えるために男性を愛す女性と、運命だと思っている男性。
すれ違う男女4人の恋と運命を描いた情熱的メロドラマ。

「運命と怒り」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「運命と怒り」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

運命と怒りの相関図・キャスト情報はこちら

運命と怒り-あらすじ10話

インジュンとスヒョンの結婚報道に激怒し、ヘラに激しい怒りをぶつけるテオ。
テオはヘラの姉の人工呼吸器を外し、ヘラに最後までインジュンを誘惑するよう脅迫する。

そして一通の封筒をヘラのもとに残し、テオは病室を去っていく。
その封筒の中には診療明細が入っていた。

さらにその明細にインジュンの署名があることに気づくヘラ。
そんな中、ヘラはテオとともにインジュンとスヒョンの前に現れ…

運命と怒り-あらすじ11話

インジュンとスヒョンの前で自分たちは恋人同士だと告げるヘラとテオ。
インジュンはそんな2人を自分とスヒョンの婚約パーティーに招待する。

その後、テオのあとを追いかけ、何を企んでいるのかと問い詰めるスヒョン。
さらにヘラに対しても警告をし、2人の間の緊張感はさらに高まっていく。

そんな中、ヘラはソニョンからスヒョンとインジュンの結婚に関する噂を耳にする。
休日出勤したヘラは、そこでインジュンと2人きりになり…

 

運命と怒り-あらすじ12話

亡くなった実母の法要を執り行い、母を苦しめた人々への復讐を誓うインジュン。
一方、テオの娘は容態が悪化し、医師から移植を考えるよう勧められていた。

ある日の帰宅途中、ヘラはチャンスと再会する。
自分に密かに取引を持ちかけるヘラにチャンスは驚いてしまう。

そんな中、ついにインジュンとスヒョンは婚約を果たす。
2人の婚約パーティー会場にヘラとテオが現れ…

運命と怒り-10話~12話の感想

なかなかテンポもよくて、回を重ねるごとにハマっていってしまう(*^^*)

婚約をしたインジュンとスヒョンだけど…
この先ヘラとテオの存在に、それぞれの心が揺らいでいくことになりそうね(*_*;

特にテオから娘の話をされた瞬間、顔色を変えたスヒョンが今後どうするのか気になる!

そして、ヘラの姉の自殺未遂騒動にインジュンがどう関わっていたのかも見逃せないポイントになりそう!

運命と怒り-次回のあらすじ

ヘラの言葉に動揺してしまうインジュン。
インジュンとスヒョンの結婚を阻止したいテオは苛立ちを隠せず…

運命と怒りのあらすじ(13話~15話)はこちら

運命と怒り-全話一覧

運命と怒り-あらすじ全話一覧はこちら