運命と怒り

韓ドラ・運命と怒り(40話最終回)のあらすじ感想【ヒョンジュにより真実が明らかに⁉】


チュ・サンウク&イ・ミンジョンが『ずる賢いバツイチの恋』振りの共演!

運命を変えるために男性を愛す女性と、運命だと思っている男性。
すれ違う男女4人の恋と運命を描いた情熱的メロドラマ。

「運命と怒り」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「運命と怒り」(40話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

運命と怒りの相関図・キャスト情報はこちら

運命と怒り-あらすじ40話(最終回)

ヒョンジュの証言により、アジョンは殺人未遂の容疑で逮捕された。
すべての真実が明らかになり、インジュンはヘラのもとを訪ねるがそこにヘラの姿はなく、一枚のメモが残されているだけだった。

一方、韓国を離れ香港にもどることにしたテオ。
出国間際、スヒョンはジェニを抱きしめ…

ヒョンジュと釜山に戻り、再び工房で靴を作り始めていたヘラ。

運命と怒り-40話(最終回)の感想

ついに終わってしまいました~!

なかなか重い雰囲気のドラマだったけど、最終回はジェニとスヒョン親子にも希望が感じられたし…
インジュンとヘラも許し合うことができて、明るい結末でよかった(*^^*)

復讐がテーマという内容のせいもあって、なかなかイ・ミンジョンの笑顔が見られなかったところがちょっと残念だったかなぁ~。

ドロドロしてたけどなかなか見ごたえのあるドラマでした!

運命と怒り-全話一覧

運命と怒り-あらすじ全話一覧はこちら