悪い刑事

韓ドラ・悪い刑事(25話~27話)のあらすじ感想【ジスクが殺害された理由】


初回からから視聴率8%越え!シン・ハギュン主演の19禁犯罪ドラマ!

イギリスのドラマ『刑事ジョンルーサー』を韓国でリメイク!
悪質な刑事とサイコパスな記者がタッグを組む緊張溢れるドラマ。

「悪い刑事」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「悪い刑事」(25話~27話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

悪い刑事の相関図・キャスト情報はこちら

悪い刑事-あらすじ25話

ジスクは、誰かに尾行されているような危機感を感じる。
自宅に到着したジスクは何者かに襲われ殺害される。

ジソクは、1997年に銀行で発生した連絡殺人事件の唯一の生存者だった。
その事件の担当刑事がチュンマンとパク刑事だったことがわかる。

チュンマンは、1997年ジスクの職場の同僚に会いに行く。
同僚は、ジスクの殺害現場から犯人が逃げていくのを目撃したと陳述する。

悪い刑事-あらすじ26話

1997年の殺人事件の容疑者ソンハクが逮捕される。
血液検査などすべてが一致する。

しかし、一つ供述が違う所を発見したテソク。
ソンハクがジスクを殺したのではないのだった。

真犯人を追及するがソンハクは何も話そうとしない。
そんな中、テソクは病院の前で一人デモをしているジスクの同僚と話す事になり…。

 

悪い刑事-あらすじ27話

20年前、ジスクの事件に関連していた人物ヨンミが登場する。
ヨンミは事件の衝撃から結婚もできず、養護施設で働きながら静かに暮らしていた。

一方、ソンジェはソンハクに会いに行く。
20年も経った今になってどうしてジスクが殺されたのか気になったからだ。

そこへ、テソクもやってきて真犯人について追及する。
ソンハンの話から、チュンマンに疑いの目を向けたテソクは…。

悪い刑事-25話~27話の感想

もう毎回恐ろしい事件ばっかり!
被害者はありえないくらい残酷だからもう見てられないよ。

17年前に殺人事件現場にいただけで、人生終わってるでしょ。
生存者が一番辛いのに、その事件をきっかけに殺されるなんて心が痛すぎだよ。

ヨンミも助かってよかったけどまた心に深い傷ができちゃうよね。
犯人の嘘でヨンミとの陳述が違う。

まだこの事件の解決までには時間がかかりそう。。

悪い刑事-次回のあらすじ

ソンジェの両親の殺人事件の捜査が本格的に始まる。
ソンジェの両親はなぜ…

悪い刑事のあらすじ(28話~30話)はこちら

悪い刑事-全話一覧

悪い刑事-あらすじ全話一覧はこちら