悪い刑事

韓ドラ・悪い刑事(28話~30話)のあらすじ感想【20年前の謎】


初回からから視聴率8%越え!シン・ハギュン主演の19禁犯罪ドラマ!

イギリスのドラマ『刑事ジョンルーサー』を韓国でリメイク!
悪質な刑事とサイコパスな記者がタッグを組む緊張溢れるドラマ。

「悪い刑事」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「悪い刑事」(28話~30話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

悪い刑事の相関図・キャスト情報はこちら

悪い刑事-あらすじ28話

ソンジェの両親の殺人事件の捜査が本格的に始まる。
ソンジェの両親はなぜ死ななければいけなかったのか?

ソンジェはその理由を知った瞬間からテソクは苦しみに襲われると忠告する。
一方、ソンジェの両親と親しかったというジュイムという人物が浮かび上がる。

ジュイムも捜査する中、彼が警察署にテソクを訪ねにやってくる。
ジェイムが自分が殺したと自首しにやってきたのだ。

悪い刑事-あらすじ29話

ジェイムは事件当時の事を振り返りながら陳述する。
しかし、テソクは20年も隠してきたのに今になって自首するジェイムに疑惑を抱く。

一方、ブギョンは、病院長会うために病院を訪れる。
息子が医療事故ではなく暴力を受けて死亡したと疑ったからだった。

ブギョンは激しく責めた末に、病院長を屋上から突き落としてしまう。
逮捕されたブギョンは、テソクを呼ぶが…。

 

悪い刑事-あらすじ30話

学校の保健室の先生は、ブギョンの息子が学校で暴力を受けていたことを目撃したと告白する。
しかし、事実を学校に言うと逆に圧力がかかったのだという。

加害者の父親が病院長で、お金で何でも解決できると思っていたのだ。
病院に運ばれたブギョンの息子を、治療したという医師を取り調べる。

病院に運ばれて来た時から手遅れだったが、院長は治療を続けるよう指示したと供述。
暴力を受けたあざを消し、医療事故で死亡したことにするための隠蔽工作だったのだ。

悪い刑事-28話~30話の感想

あー今回も心が痛い事件だった。
お金があって権力があれば何でもやっていいの?

ブギョンは息子のために真実が知りたかっただけなのに犯罪者になってしまった。

被害者になった病院長は何も罰せられないの?
その息子や加害者はどうなるんだろう?

ソンジェの両親殺害事件の真相が最後の事件かな。
本当にソンジェが両親を殺したのだろうか…。

悪い刑事-次回のあらすじ

テソクは、ジュイムにどうしてソンジェの罪を被るのかと理由を追及する。
ジュイムは、ソンジェの両親についてすべてを告白して…

悪い刑事のあらすじ(31話~32話【最終回】)はこちら

悪い刑事-全話一覧

悪い刑事-あらすじ全話一覧はこちら