私の心は花の雨

韓国ドラマ・私の心は花の雨-あらすじと感想!最終回まで(103話~105話)

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3

大人気アイドル!BESTieのナ・ヘリョン出演!!

戦争によって、運命が変わってしまった人たち。
家族の大切さ、温かさを改めて感じる、ストーリー。

「私の心は花の雨」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!

 

韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「私の心は花の雨」(103話~105話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

私の心は花の雨の相関図・キャスト情報はこちら

★私の心は花の雨-あらすじ103話

ヨニから、本社の担保書類を渡されたイルランとスチャン。
競争社に第2工場を売却してても、担保を返してもらおうとする。

 

一方、ミンギュはゲオクを訪ね、株主総会を収集してイルランとスチャンに責任を取ってもらうようにと話す。
ジュリアの姿でヨンファ堂を訪ね、自分の正体を明かすヨニ。

 

自分のせいで、惨めになるヘジュを見て、ヨニを訪ね謝るイルラン。

 

コンニムの家族がいない隙を見て、コンニムの赤ちゃんの時の肌着を盗んだイルラン。
ヨニに見せながら、本当のソナはまだ生きてると話す。

★私の心は花の雨-あらすじ104話

イルランとスチャンから見せてもらった、赤ちゃんの肌着がソナのものだと確認して悲しむヨニ。
ソナを殺したのは、スチャンじゃないかもしれないと思っていたガンウク。

 

ヨニが、ソナの復讐をするために戻ってきたと知る。
そして、ソナが殺された時の真実を確認するために、ミンギュを訪ねるガンウク。

 

一方、ヨニにアメリカに行って3年間静かに過ごしたら、ソナを会わせてあげると話すイルラン。
そんなイルランの話を聞いて、絶望したヨニは街で倒れてしまう。

 

★私の心は花の雨-あらすじ105話

病院で意識が戻ったヨニは、自分を病院に運んだ人が誰なのが気になる。

 

ミソン製菓の取引先の化身デパートの社長が、ジェームスという人に変わり、イルランは化身デパートと再契約するために必死になる。
イルランの提案を受け入れ、アメリカに行こうと思うヨニ。

 

一方、工場で生産されたパンの味が変わったと感じ、工場を訪ねるコンニム。
工場で、古い小麦粉を使っていると知って激怒する。

 

街でパンを売っているコンニムを見て、近づくジェーム。
そして、ジェームはコンニムのパンを味見するが・・・

★私の心は花の雨-103話~105話の感想

ヨニの娘を利用して、脅かすイルランとスチャンは本当に最低だ(`ヘ´#) !!
しかも、娘を会わせてもらえるのが、3年後だなんて・・・
本当にひどい・・・!

 

そんな二人の話を聞いて、絶望するヨニがとてもかわいそう(T-T )
そして、スンジェの顔をしたジェームの登場!!!
これからまた、どんな話が広がるかとても気になる!!!

★私の心は花の雨-次回のあらすじ

コンニムのパンを口にしたジェームスは、コンニムに温かい激励をする。
秘書に、ヨンファ堂の事件について調べてみるようにと言うジェームスは…

私の心は花の雨のあらすじ(106話~108話)はこちら

私の心は花の雨-全話一覧

私の心は花の雨-あらすじ全話一覧はこちら