赤い月青い太陽

赤い月青い太陽(10話~12話)のあらすじ感想【ウノを救った人物は?】


韓国の演技派女優キムソナが主演!緊張感溢れるサスペンスドラマ。

ある謎の事故をきっかけに人生が狂ってしまった児童相談家の女性。
衝撃的な展開に目が離せないミステリードラマ!

「赤い月青い太陽」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「赤い月青い太陽」(10話~12話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

赤い月青い太陽の相関図・キャスト情報はこちら

赤い月青い太陽-あらすじ10話

ジホンは、車両を追跡中にウノを容疑者として指名手配する。
ウノに、証拠の写真を提示する。

しかし、ウノは犯行を否定し潔白を訴えるのだった。
一方、ハナは携帯用の呼吸器を見てへソンの真似をする。

へソンの症状を説明するハナに、ウギョンは犯人を見たのかと尋ねる。
ハナは、事件当時の状況を再現し始め…。

赤い月青い太陽-あらすじ11話

ハナの陳述で、ウノが真犯人でない事が証明され釈放される。
その後、ウギョンはウノを車で送ることに。

ウノは、ウギョンの交通事故で死んだ男の子の写真を見せてほしいと要求する。
ウギョンは、ウノに男の子の写真を見せる。

ウノは、施設にボランティア活動した時に見た絵を思い出すのだ。
ウノの話を聞いて施設に絵を確認しに行くウギョンは…。

 

赤い月青い太陽-あらすじ12話

ジホンは、ドンスクがソクォンに変装して爆弾を購入していたに気づく。
ジホンは、ドンスクを呼び追及する。

ドンスクは、夫を殺していないと否定する。
ジホンは、汚名を晴らさなくてはいけないとソンスクを説得する。

すると、ソンスクはすべて赤い涙の指示だったとドンスクが自白する。
同じ頃、ウギョンの幻想の中に出てくる子供をウノも知っていると言い出し…。

赤い月青い太陽-10話~12話の感想

ハナがウノの無実を証明することになるとは。
ドンスクに指示していた人物の正体は一体誰なんだろう。

ウノは一体何者なの?
事件に大きくかかわっていることは確かだよね。

ついにウギョンの幻想の中にでてくる子供の正体がわかるのかな。
次回の展開が気になる!

赤い月青い太陽-次回のあらすじ

ウギョンは、ドンスクを訪ねる。
ドンスクは、警察で赤い涙の存在を話した事を伝えて…

赤い月青い太陽のあらすじ(13話~15話)はこちら

赤い月青い太陽-全話一覧

赤い月青い太陽-あらすじ全話一覧はこちら