赤い月青い太陽

赤い月青い太陽(13話~15話)のあらすじ感想【現実と記憶の相違】


韓国の演技派女優キムソナが主演!緊張感溢れるサスペンスドラマ。

ある謎の事故をきっかけに人生が狂ってしまった児童相談家の女性。
衝撃的な展開に目が離せないミステリードラマ!

「赤い月青い太陽」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「赤い月青い太陽」(13話~15話)のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

赤い月青い太陽の相関図・キャスト情報はこちら

赤い月青い太陽-あらすじ13話

ウギョンは、ドンスクを訪ねる。
ドンスクは、警察で赤い涙の存在を話した事を伝える。

ドンスクは、ウギョンが赤い涙だと勘違いしていたのだ。
ウギョンはこれを否定するが、ドンスクは信じられない様子。

一方、ジホンは、赤い涙についてウギョンに追求する。
ウギョンは、誤解だとジホンに弁明をするが…。

赤い月青い太陽-あらすじ14話

ウギョンは、幼い頃の友達に会いに行く。
しかし、ウギョンの記憶とは違いその友達はウギョンと親しくなかったのだという。

ウギョンは、ウノが描いた絵を友達に見せる。
友達は、ウギョンだと答える。

幻想の中に出てくる子供は自分だったという現実を受け入れられないウギョン。
その頃、横断歩道を横断中のソグの実母は当て逃げを去れて道端に倒れる。

 

赤い月青い太陽-あらすじ15話

ハジョンに関する調査結果によると、ウギョンとの関連が明らかに。
ジホンとスヨンはウギョンに会いに行く。

施設の相談日誌の記録が残っている事をウギョンから聞いたジホン。
施設のシステムを確認しにいく。

一方、ウギョンは、他の友達にも会いにいくが自分の記憶とは違っていた。
自分の記憶と現実が違う真相をウギョン母に追求するが…。

赤い月青い太陽-13話~15話の感想

ウギョンの頭の中に別の記憶が植え付けられているってこと?

そんなミステリーなことできるのかな…。
現状では、事件はウギョンと施設を中心を起きていることは確実だし(>_<)

ウギョンの知らない真実の記憶が隠されているのかもしれない。
本当にウギョンが犯人なのかな。

毎回疑問が残るドラマだね(^^;)

赤い月青い太陽-次回のあらすじ

ウギョンは、ソグ母を訪ね謝罪する。
ヒスの施設入所に同意してほしいと頼み…

赤い月青い太陽のあらすじ(16話~18話)はこちら

赤い月青い太陽-全話一覧

赤い月青い太陽-あらすじ全話一覧はこちら