赤い月青い太陽

赤い月青い太陽(31話~32話最終回)のあらすじ感想【ウギョンの記憶は?】


韓国の演技派女優キムソナが主演!緊張感溢れるサスペンスドラマ。

ある謎の事故をきっかけに人生が狂ってしまった児童相談家の女性。
衝撃的な展開に目が離せないミステリードラマ!

「赤い月青い太陽」のあらすじ、感想、キャスト、相関図など、最終回までネタバレありで、全話配信しちゃいます!


韓国ドラマ大好き、ゆきママです♪
毎日、家事と子育ての間に、こっそり韓国ドラマを見るのが楽しみ♡

 

今回は、「赤い月青い太陽」(31話~32話(最終回))のあらすじと感想を紹介していきますね!
それでは、一緒に見ていきましょう☆

 

赤い月青い太陽の相関図・キャスト情報はこちら

赤い月青い太陽-あらすじ31話

ジホンは、テジュがウノの実兄で本物の赤い涙だと主張する。
しかし、テジュは証拠不十分で釈放される。

一方、ウギョンのもとに赤い涙からメッセージが届く。
継母が事実を話すことはないから、妹の死体を探すようにと。

実家に戻ったウギョンは、吐血して倒れている継母を発見する。
ウギョンは、セギョンに事実を告白する。

継母が実母だと知ったセギョンは、病室を訪れ母を責める。

赤い月青い太陽-あらすじ32話(最終回)

ウギョンは、実妹セギョンの白骨死体を発見する。
すべての記憶を取り戻したウギョンは、手術に成功して生き延びた継母のもとへ。

ウギョンの悔しい思いを察した赤い涙は、代わりに継母を体裁してあげようかと提案する。
ウギョンは赤い涙の提案にイェスと答える。

しかし、それはウギョンの罠で赤い涙の正体を暴く作戦だったのだ。
現場にはジホンやスヨンも駆けつける。

赤い涙の正体が明らかになる。

 

赤い月青い太陽-31話~32話(最終回)の感想

何とも言えない重いお話だったね。
自分も子供を育てている立場だから色々考えさせられた(>_<)

最近は児童虐待のニュースも多いから真剣に対策に取り組まないといけないと思う。
血のつながった大事な子供に虐待するくらいなら作らなきゃいいのに。。

人間は神じゃないから時にはカッとなる時もあるし間違ったこともしてしまうけど。
弱い子供に当たるのは違うよね。

虐待を受けて育った人がまた子供に虐待をするという悪循環。
この先の世の中お先真っ暗だな…。

赤い月青い太陽-全話一覧

赤い月青い太陽-あらすじ全話一覧はこちら